Woman.excite

DNAで不倫が発覚!? 最先端の浮気発見法は夫の下着を化学分析

たとえばの話、旦那さんが浮気をしたら気づくことができますか?

(c) sakkmesterke – Fotolia.com

女のカンが働いてなにかがおかしいと思っても、確かな証拠がないとき、あなたならどうしますか? 探偵に尾行してもらう、問い詰めて自白させるなど手段はいろいろありますが、こんな方法なんていかがでしょう。

■化学分析で浮気が発覚!
アメリカでは当たり前となりつつある、化学分析での浮気調査。まるで刑事ドラマのような手段で、浮気の証拠を見つけることができます。

旦那さんの下着をDNA鑑定してもらい、本人と家族以外の成分が発見されればアウト。

さらに確証能力を高めたい場合には「コンパリゾン・テスト」。地球上に存在するすべての生物のDNAと照らし合わせ、下着の成分が“第三者のDNA”であることを証明する分析方法。

まだ日本では実施されていませんが、アメリカの調査会社「パタニティー・ラボ・センター」が開始しているサービスで、すでに利用者も多数いるのだとか。

費用は200ドル(20,000円前後)という意外にも安価な設定で、対象者の下着をDNA分析するだけ。れっきとした“動かぬ証拠”ってやつですね。

■DNAはうそをつかない
パタニティー・ラボ・センターへの依頼は60%が男性の浮気調査で、そのうち30%はDNA分析で浮気が発覚しているそうです。

じつはこれ、日本でもできるのですが浮気調査という名目ではなく、あくまでも“DNA鑑定”の申し込み。

分析する方法はパタニティー・ラボ・センターと同じなので証拠能力はバッチリです。ただし、アメリカに比べると費用が高い…。

相場はおよそ150,000~200,000円。ほぼ浮気は確定しているのに「あと一押しの決定的な証拠があれば…」という場合には便利かもしれません。

また、鑑定する下着はなるべく鮮度が良くて、日数が経過していないものが好ましいとか。

<そのほか鑑定依頼する際に気をつけたいこと>
・分析する下着は、日数が経過していないほうが好ましい
・食品保存用袋などで密閉して保管できるとよい
・保管する際の温度は4℃前後。冷蔵庫での保管がベスト
・下着を送る際は、クール便がおすすめ

ただこの方法も一般的になると、コンビニなどで新しい下着にはきかえて不倫相手と会い、その下着を捨てて元の下着にはきかえるといった手段がとられるようになるかもしれません。

やはり最終的には、“女のカン”が一番頼りになるということでしょうか。

参考 パタニティー・ラボ・センター