It Mama

その習慣ちょっと待った!夜間の間食が「乳がんリスク」を36%も高めると判明

source:http://www.shutterstock.com/

子どもを寝かした後の束の間のほっとした時間、ゆっくりお茶を飲みながら「何かちょっと甘いもの食べたいな……」と夜間の間食が日常化していませんか? 授乳中は特にお腹がきやすく、夜に甘いものが欲しくなる人も多いかもしれません。

筆者も長男の授乳期には夕食をゆっくりとれないことを言い訳に夜の間食を常習していた一人です。

ですが、実はこの夜間の間食が「乳がん」のリスクを高めてしまうかもしれないということをご存じですか?

今日は最近発表されたアメリカの調査結果を元に、“夜間の間食と乳がんの関係性”についてお伝えします。

 

■乳がんの再発リスクが36%も上昇する!?

source:http://www.shutterstock.com/

先日、カリフォルニア大学のルース・E・パターソン博士らが論文で発表した内容によれば、夜中の間食が好きな乳がん患者は乳がんの再発リスクが高い可能性があるとの見解を示しました。

博士らの調査報告では、夜間の絶食時間が13時間未満の場合、13時間以上の場合と比べて、乳がんの再発リスクが36%も上昇したとのこと。36%とは大きな数字ですよね。

13時間未満とは、例えば夜19時半までに夕食を済ませ、翌朝7時半に朝食を食べた場合でも12時間となりますので、仕事に忙しい現代人の多くは当てはまるかもしれません。

また、同調査において、絶食時間が長い人たちは睡眠時間も長い傾向があるそうで、睡眠の長さや質も乳がんリスクと関係性がありそうだと示唆しています。

間食は良くないとわかっていても、一度食べ始めるとだらだら食べ続けてしまったり、気づくとおやつに手が伸びていたり、と常習化してしまいがち。

そんな間食をやめるためのコツを4つご紹介したいと思います。