Woman.excite

爪に黒い筋を見つけたら… 皮膚がん「爪メラノーマ」かも?

ペディキュアをしていなければ、自分の足の爪をじっくり見る機会はあまりないかもしれません。しかし、爪に黒い縦筋が入っていたら、メラノーマの可能性を疑う必要があります。

© s_karau – Fotolia.com

メラノーマは皮膚がんの一種で、人体のあらゆる場所にあらわれます。発症してからの進行が早く、転移しやすい病気です。爪にできるメラノーマと、間違えやすいそのほかの症状との見分け方を紹介します。

爪メラノーマができる場所と見分け方
爪にできるタイプのメラノーマの多くは、足の親指にあらわれます。ほかの指の爪や、手の爪にもできるケースがあります。

間違えやすい爪の内出血(爪下出血)と比較してみましょう。

●爪下出血
・なにかに手や足をぶつけた、登山などつま先に負担がかかる運動をした
・色は黒、黒に近い焦げ茶
・シミか点、筋のような形
・爪が伸びると上に移動して消えていく

●爪メラノーマ
・突然あらわれる
・色は黒。爪のまわりの皮膚が黒ずんでいることもある
・はじめは細い直線の筋。幅が広がったり、伸びたりする。最後は爪全体が黒くなる
・黒い筋は移動しない
・爪の形が変形する
・全身に倦怠感や食欲不振、微熱、体重減少などが生じる
 
 

見分けるための一番のポイントとは
黒い筋が移動するかどうか。これが見分けるための一番のポイントです。

日本国内でメラノーマを発症する人は、年間で1,500~2,000人といわれています。患者数は多くはありません。ほとんどの爪の異常は、爪下出血やホルモンバランスの異常、便秘でもおこります。

自分でメラノーマか判断するのは難しいかもしれないので、皮膚科で診察を受けると安心です。

転移しやすい! 死亡率が高いメラノーマ
爪にできた筋がメラノーマだった場合、病院では悪性か調べるために患部の皮膚組織の生研をおこないます。悪性と判断されると、CT検査やMRI撮影、レントゲン検査をして転移しているか調べます。

メラノーマの進行度は、症状が軽い(早期)順から0期~IV期のステージに分かれています。転移がみられるIV期患者の5年生存率は10%と非常に低いことから、転移しやすいメラノーマはがんの中でも危険な病気といえるでしょう。

I期でメラノーマが見つかったとしても、進行を防ぐために患部がある指を切断する可能性がありますが、5年生存率はほぼ100%に。メラノーマはいかに早く治療を開始するかが重要なのです。

爪メラノーマは、早く治療すれば生存率が格段にあがります。「この黒い筋はメラノーマでは?」と思ったら、悩む前にすぐ皮膚科へ行きましょう。
 
 
(オダ マユミ)