WWO-Woman Welleness Online-

骨盤をグイッと!夏バテ防止に「胃腸を整える」ポーズ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

暑い夏はもうすぐそこ。すでに気温が30度を超える暑い日も増えてきました。

本格的な夏が始まる前に、今から夏バテ対策をしていきましょう。

夏の暑さで体調を崩してしまうと、やつれてしまったり肌のツヤも失われてしまいます。夏の体力維持には今から胃腸を整えておく事が大切です。

そこで今回はヨガインストラクターである著者が、夏の胃腸を元気にするポーズを教えます。

 

■胃腸を整える事で食欲不振を避ける

夏バテをするとまず食欲が落ちてしまいます。胃腸が弱っている証拠です。

胃腸の状態は体力に影響するだけでなく、美容にも大きく関わります。また幸せホルモンといわれるセロトニンの分泌も腸の状態に関わっているので、精神状態にも大きく影響してきます。

暑さで元気が出ず気分まで落ち込むのは、セロトニンの分泌が関係しているかもしれません。体力だけでなく精神の健康も維持し、元気に夏を過ごすために胃腸をしっかり整えましょう。

 

■胃腸を整え下腹部を温める!夏の冷え対策ポーズ

ご紹介するヨガポーズは胃腸を整えるだけでなく、クーラーに当たりすぎたり、冷たい物を摂りすぎたりして、“冷えやすくなった夏の体”を温めてくれます。

●夏バテ予防に「マンドゥカアーサナ」

(1)四つん這いの状態から両膝を広げます。

(2)両膝を少しずつ左右に開きながら股関節を広げていきます。それと同時に腰を真下に沈めていきましょう。

yuuka暑さ①

(3)肘を床におろし、さらに腰を沈められるだけ沈めていきましょう。

体が硬いと足を広げるのが辛くなりますが、お尻を前方や後方へずらさないようにしましょう。効果がなくなってしまいます。

(4)写真では腰が完全に床に着いていますが、体が硬い人は腰や太ももの内側に痛みを感じたところでポーズを緩め、できる範囲で腰を沈めていきましょう。

yuuka暑さ②

(5)ゆっくり呼吸をしながら30秒~1分ほどキープします。終えたら足を閉じ、仰向けでしばらく休みます。

足の付け根が強制的に開かれる事により、骨盤周りの血の巡りが良くなります。お腹全体がポカポカと温かくなるのを感じましょう。

 

いかがでしたか? 食欲不振や胃腸の冷えは体力を奪います。今年の暑い夏も胃腸の健康を守り、元気に乗り切りましょう。

【撮影協力】

※ JYONETSU YOGA

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】 

※ Gergely Zsolnai / shuttertock

【関連記事】

疲れが取れて代謝もUP!体にもお肌にも嬉しい 「滋養野菜」がスゴい

起きぬけ5分で代謝UP!やるだけで「1日が変わる」ヨガポーズ

実はとっても疲れやすい!頭を支える「首の筋肉」エクササイズ

メイク仕立て肌を徹底キープ!ドッと吹き出す「顔汗」を防ぐ方法とは [PR]

ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]