Woman.excite

美肌やストレス解消に! 3つの材料で作れる「オリジナル バスボム」

1日の疲れがとれるバスタイムは、優雅な気分で楽しみたいもの。入浴剤もいいですが、さらに気分をアップさせるためにも、自分でバスボムをつくってみませんか?

© rh2010 – Fotolia.com

たった3つの材料で、オリジナルのバスボムを簡単につくることができます。 バスボムのつくり方と嬉しい効能についてご紹介しましょう。

■オリジナルバスボムの作り方(約8個分)
シュワっとはじける、自分好みのバスボムの作り方をご紹介しましょう。

<材料>
・重曹 100g
・クエン酸 50g
・片栗粉 50g

お好みで
・エッセンシャルオイル、ドライハーブ

<道具>
厚手の透明なビニール袋、霧吹き、キッチンスケール、空のプリンのカップなどの器

重曹とクエン酸は100円ショップでも売っていますが、肌にふれるものなので食用以上のグレードがおすすめ。インターネット通販などでも手に入ります。

<作り方>
1. 重曹とクエン酸、片栗粉をビニール袋に入れてまぜておく。
2. 霧吹きで少し水を吹きかける。水分を含ませすぎると、発泡が始まるので慎重に。
3. シャカシャカまぜて、ビニール袋の外側から握ってみる。まとまるくらいになるまで水を足す。好みのエッセンシャルオイルや、ドライハーブをまぜてもOK。
  ※ 妊娠中の人は、エッセンシャルオイルを入れないようにしましょう。
4. 手で丸めるか、型にギュっと押し付けるように詰める
5. 1日おくとカチカチに固まって、できあがり
 
 

■手作りバスボムの効能

重曹とクエン酸をお湯に入れると、泡が出て二酸化炭素が発生します。これで炭酸入浴をすることができ、体が芯からあたたまって血行が促進されます。よく眠れそうですね。

お掃除にも役立つ重曹とクエン酸は、すぐれた洗浄能力があります。天然成分で肌に優しく、毛穴の汚れを落として体臭の予防にも効果的です。

重曹をお風呂に入れるとお湯が弱アルカリ性になり、肌の角質をやわらかくします。保湿効果もあるので、肌がツルツルになりますよ。

また、重曹とクエン酸の働きで、細菌の繁殖を防ぐ効果も。湯船がぬるぬるするのを防ぎ、残り湯は洗濯につかえます。

■バスボム作りの注意点

出来上がったバスボムが水分を含むと、二酸化炭素が発生してどんどん小さくなってしまいます。雨の日に作るのは避け、出来上がったら密閉容器かジップロックに入れて保存し、2週間以内に使い切りましょう。

また、妊娠中の人は、エッセンシャルオイルを入れないようにしましょう。オイルの中にはホルモンの分泌をうながす作用をもつものがあり、最悪の場合は流産の危険性もあるので注意が必要です。

シュワッ!とした泡を楽しむためにも、バスボムは湯船に入ってから投入するのがおすすめです。自分なりのアレンジをくわえて、優雅なバスタイムをすごしてくださいね。
 
 
(オダ マユミ)