It Mama

2キロの壁を打破できる…!? エステティシャンが教える「産後ダイエット計画」

source:http://www.shutterstock.com/

産後ダイエットをしようとしても、子育てに追われていて、食べていないつもりなのに、体重が戻らない。体重だけでなく、洋服も入らない。なんてことはありませんか?

しかし、月経が来るのも半年経ってからというように、体はゆっくりと以前の体に戻っている途中です。慌てて急激なダイエットをするより、ゆっくりとダイエットすることで、美容効果も高まります。

2度の出産を経験し、エステティシャンである筆者が、“産後ママにオススメのマル秘ダイエット計画”をお伝えします!

 

■計画1:産後1か月は体重増えても「安静」に、でも下準備は始めよう

多くの方が、退院をするときに4キロ~6キロ程度痩せているのではないでしょか?

赤ちゃんの体重と羊水などが体内から出ることに減った体重です。もしこの段階で増加体重があっても、この時期にダイエットするのは控えましょう。

出産に向けたホルモンや骨盤、子宮など様々な体内のものが、少しずつ本来の状態に戻ろうとしてるので、過激なダイエットはその妨げとなります。

産褥(さんじょく)運動を適度にして、骨盤ベルトは、6か月までしたままで過ごします。

ウエスト周りや太ももなどに、引締め用のクリームを塗るなど、下準備をはじめましょう。

 

■計画2:産後1か月~3か月は「緩やか」に

母乳の出がよくなり始め、お腹が空き、食べはするものの体重は変わらない、もしくは下がる時期です。

栄養バランスのよい食事をし、ここではあまりダイエットを意識することは止め、体に任せるのが良いです。和食中心の食事を摂っていれば、必要な体へと変化します。体重が落ちる方もいれば、そのままの方もいますが、「ここは自然にお任せ」と考え、焦らないでください。

無理に体重を気にして食事量を減らすと、母乳の出に影響が出ることも……。また、過度なダイエットを始めると、“くすみやたるみ”への影響が後から出てきます。

しかし、いくらダイエットしなくてよいといっても、お菓子や菓子パンなどは控えましょう。

また運動は、産褥運動や骨盤運動(骨盤ベルトはまだしていましょう)など、姿勢をよくし、腹筋やお尻を意識して行動するようにします。