Woman.excite

失敗しないホームパーティの極意 & おすすめパーティスタイル

週末友だちを呼んでホームパーティを開きたいけれど、部屋がせまい、料理の準備が大変そう、などの理由で不安という人も多いでしょう。あわてずに準備できるプランづくり、低コストで家族もゲストも楽しめるホームパーティの極意を伝授します。

© Kzenon – Fotolia.com

■パーティーの準備は2週間前から
2週間前: メールやFacebookなどでひとりずつ呼びかけを
パーティーに呼びたい人リストを作り、ひとりひとりに連絡をしましょう。いっぺんに誘ってしまうとゲストの数も把握できなくなるので、順番に招待するといいですよ。

1週間前: 料理のイメージやテーブルコーディネートを決める
ゲストの数が決まったら、その人数で楽しめるメニューやテーブルコーディネートを考えます。ペーパーナプキンや飾りなど必要なものをリストアップ。空いている時間に少しずつ買いに行けばOKです。子どもづれのファミリーを招待するなら、子どもが飽きないようキッズグッズを用意しておきましょう。

前日: 料理の仕込みをする
料理の仕込みや下ごしらえはなるべく前日に済ませておきましょう。前もって調理できるメニューを選ぶと準備もスムーズです。

当日: 当日の料理 + テーブルセッティングを
ゲストが来てからあたふたしないよう、早めに準備スタート。テーブルセッティングの時間も考えて、3時間は見ておいたほうがいいでしょう。
 
 

■料理やテーブルセットのポイント
料理は、取り皿不要のフィンガーフードをいくつか用意しておくと子どもも食べやすいですね。さらに、ひとり一皿、ワンプレートで盛りつけできるようにすれば、洗い物も少なくすることができます。子ども用のコップにかわいいシールを貼ってあげると喜ばれますよ。

料理やソースを入れる小皿や紙ナプキンなどは、100円ショップやホームセンターなどで購入し、ネームカードは折り紙やスタンプなどを使ってリーズナブルに。

■準備もかんたん! おすすめパーティスタイル3つ
【ビュッフェ風パーティ】
フィンガーフードやデザートなど料理を1つのコーナーにセッティングして、好きなものを取り分けられるビュッフェ風に。自由気ままに食べられてゲストも気兼ねなく過ごせます。キッズ用メニューも用意しておくといいでしょう。

【たこ焼きパーティ】
チーズやウインナー、明太子、おもちなど具材やトッピングを並べて自由に作れるようにセッティング。ゲストもいっしょにワイワイ楽しみながら食べられます。コストが安く上がるのもポイント。

【チーズフォンデュパーティ】
みんなで囲んで楽しく食べられるチーズフォンデュ。蒸し野菜やウインナー、フランスパンなど、具材を切っておくだけなので下準備もカンタン。子どもも食べられるおもてなし一品料理をいくつか用意しておけば満足してもらえるでしょう。

いかがでしたか? カウントダウン方式で準備をスタートして、ゲスト参加型のメニューにすればスムーズに当日を迎えられます。ホームパーティに興味がある、開催したいと思っている方は、ぜひお役立てください。
 
 
(ささ まりこ)