Woman.excite

順番が大事! 片思いの男性を振り向かせるアプローチの方法とは

片思いのまま終わる恋。よほどモテる女性じゃない限り、誰だって一度は経験したことがあるはず。失恋したときの切なさは自分にしか分からない喪失感ですよね。

© baranq – Fotolia.com

それは、30代の恋愛でも同じ。ましてや、アラサーともなれば現実的に結婚を意識する年齢ですし、気になる男性が現れたら、まずはカップルになりたいと思うのが当然です。

しかし、アプローチを間違うと片想いのまま終わってしまって、また同じことの繰り返し。気になる男性と距離を縮めて恋人関係になる、意外にシンプルな方法をご紹介しましょう。

■順番を間違えたらダメ!

ほとんどの人は、好きな人ができたら興味をひこうとして自分のことを少しでも分かってもらいたいから自己アピールするでしょう。

そして、なるべく好印象を与えるために、自分の良い面を見てほしいのが女心。確かに、その魅力に気づけば男性も好意を抱き、距離が縮まるかもしれません。

しかし、もしアピールが全て的外れだったとしたら?男性を振り向かせるどころか、今よりも距離を遠ざけてしまう原因になります。

そこで重要になってくるのが、関係性を深める順番です。これは、片思いを成功させる恋愛方程式といっても大げさではありません。

片思いの男性と距離を縮める方法は、まず「相手が女性に求めている理想を知り、好みのタイプを探り出す」ことが先。あとは、その好みに当てはまる面をアピールするだけ。

■印象に残せないと意味がない

相手の好みも知らないのに自己アピールしても、それが的外れだったら相手の印象には残らず“ただの知り合い”で終わってしまうわけです。

ところが好みのタイプに当てはまる女性だったとすれば興味もわきますし、もっと詳しく知りたいと思うようになり距離が縮まっていきます。

好みのタイプを先に知って、それに当てはまるようにアピールしていく、とてもシンプルな話。なにはともあれ、まずは印象に残すことが最優先です。
 
 

■ガツガツいかずサラッと探る

片思いの男性に好みのタイプを探るとき、いかにも探っている雰囲気を出すのは好ましくありません。あくまでもナチュラルに、が大事。

たとえばメールで、「一人暮らしだと家事は自分でしているんですか?」という質問だけでも、相手が理想とするタイプが大まかに見えてきます。

もし「洗濯って面倒くさい」とか「掃除が苦手」といった反応が返ってきたら、掃除に関する話題でアピールすることができます。

ただし、その場で「私、掃除好きなんです」なんてすぐにアピールすると、話を合わせた感があって不自然です。あえて数日後にサラッと話題に出したほうが効果的。

数日後に男性へメールを送るとき、「さっきまで部屋を片付けていました♪ 掃除が好きなんで、つい時間があるとやっちゃうんです(笑)」といった感じのほうがナチュラルで好印象。

これなら合わせた感じがなくて自然にアピールできますよね。こうして色んな角度から探って相手の好みをストックしておけば、状況に応じてアピールできる材料が増えていきます。

アピールポイントがなければ、相手の好みに合わせて努力するのも一つの手段。上手くいくはずの恋もアプローチを間違うと片想いのまま終わってしまう場合もあります。

気になる男性と距離を縮めて恋人関係になるには、まず相手の好みのタイプを探ってしることから。そのタイプに自分を当てはめ、彼の好みのタイプになりきって自然にアピールしていきましょう。