WWO-Woman Welleness Online-

尽くすのは逆効果!「男性がドン引きする」頑張り女の行動3つ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

恋愛では、お付き合いが始まる前も後も“頑張れば報われる”という幻想に囚われています。

男性は追いかけられたり、アピールされるほどあなたに興味を失っていく生き物。

「そんなのヒドイ!」と男性を責めたい気持ちもよくわかりますが、男性は扱い方さえ間違わなければとても優しく素直です。

これからの女性の恋愛は“愛される幸せ”がとっても重要なキーポイントになってきます。頑張ることなくあなたを幸せにする男性と出会うには少しコツがいります。逆に今までの恋愛の頑張り方ではなく女性自身が無理なく我慢なく素敵な恋愛をしていける時代がきているとも言えます。

そこで今回は数多くの女性の悩みを解決してきた筆者が、男性が引いてしまう頑張る女の行動3つを書いていきます。

これらをしないだけで、あなたの恋愛は劇的にスムーズに進むでしょう。

 

■1:とにかく「尽くす」

男性は“尽くしてくれた”女性に愛情を感じるのではなく、“尽くしたい”と思う女性に愛情を感じます。

女性は男性を好きになるとついつい色々してあげたくなってしまいますが、それは逆効果です。あれこれ世話を焼いたり心配したりすることは“自ら嫌われるように仕向けていること”と思っておいてください。

「なんで自分ばっかり……」と駄々をこねるような男性を許したり、受け入れなくてオッケーなのです。どんどん弱い男になってまたあなたが頑張るハメになるだけ。

“どれだけ男性の愛する力(尽くす力)を引き出せるか”がとても大事です。それにはまずあなたが頑張って尽くすのをやめること。それが恋愛をより良いものにするスタートになります。

 

■2:好き好きアピールする

女性が男性に気に入られようと頑張っている時点で、その恋愛はとても進みづらくなります。

好かれようとアピールしていると、自分の価値をその男性の前で下げてしまうことになります。少し変な言い方をすると“安売りのセール”みたいな女に格下げされてしまうのです。

男性は良くも悪くも「いい女を自分の力で落としたい!」と思っています。ですから、安売りのセールみたいな女性、パワーバランスが自分より下の女性に関しては男性はとても冷たいという特徴があります。筆者も急にバッサリ切られる女性をたくさん見てきましたが、そういう時女性は自分自身の魅力を安売りしていることが多いです。

好かれるように頑張っている時点で“すでに負けている”と覚えておきましょうね。

 

■3:無理して家庭的になろうとする

料理や家事ができるのもちろんいいことですが、昔とは違って男性はそういうところにこだわっていない傾向があります。家事や料理が得意・好きな男性も増えてきてます。

そんなことより大事なのは、男性がその女性にとってのヒーローでいられること。あなたが無理して、我慢して頑張るほど男性を遠ざけることになります。

あなたが好きでたまらないのなら話は別ですが、頑張って昔のお母さんのように家庭的にならなくても今の男性はあまり気にしません。

それよりもっと頼って甘えてお願いして、ヒーロー扱いしてあげると、男性はなんでも頑張ってくれるようになります。

最初はやり方が違ったりうまくできないこともありますが、“出しゃばって”頑張るのではなく、根気よくリードしてあげましょう。

男性はあなたが思うよりも継続する力のある生き物であり、一度覚えるとそれを得意げにやり続ける習性があります。とにかく任せたいのなら難癖つけないことがとても大事なのです。

 

いかがでしたか? 全てに通じることですが、男性はヒーロー扱いしてあげると何でもしてくれるようになります。

あなたが頑張らずとも、大好きな気持ちを持つだけでいいことがそのうちわかってくると思います。

世間の常識とは違うので最初はうまくいかないこともあると思いますが、あなたの恋愛や結婚生活での幸せは、これから上記の3つを“頑張らない”ことを覚えておくだけでとても有意義なものになるはず。

少しずつ実践してくださいね。

【筆者略歴】

広中裕介・・・恋愛の学校『Love Academy』代表ゆ~すけ。恋愛に対する考えを通して今までの自分を見つめなおせる恋愛の学校。独特の恋愛観から悩みの核心をつく講座・セミナーを全国で展開中。

【画像】

※ Rido / shutterstock

【関連記事】

これでイチコロ!? 意外と難しい「男を褒める言葉」の選び方

※ そうだったの!? たった1つの「男性の機嫌が悪くなるタイミング」とは

男ってホント単純!あなたの知らない「男の言動・行動の理由」6つ

※ メイク仕立て肌を徹底キープ!ドッと吹き出す「顔汗」を防ぐ方法とは [PR]

ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]