Woman.excite

ペットも小さいお子さんもOK! 「休日のスープストックトーキョー」がテーマの新店、自由が丘にオープン

ファストだけどスロー。忙しいなかでもできるだけ栄養バランスを考えた料理を食べたい。そんなヘルスコンシャスな女性や働くママ、育児中のママたちの強い味方でもある「Soup Stock Tokyo」が、「休日のスープストックトーキョー」をテーマに新業態となる店舗を自由が丘にオープンしました。

写真右:©OMOTE Nobutada

街並からして素敵なお店はたくさんあるはずなのに、ランチで通いたくなるお店が少ない。そんな声も多い自由が丘でどんなお店をオープンさせたのか。4月30日にオープンした「also Soup Stock Tokyo」にさっそくお邪魔させていただきました。

自由が丘駅(正面北口)からのんびり歩くこと約5分。ちょうど商店街から住宅街へと切り替わるあたりに誕生したのが「also Soup Stock Tokyo」。店づくりにおけるメッセージは「これもスープストックトーキョーなんです」と文字どおり。ユニークな店名だけどわかりやすい。もうそれだけで興味をそそります。

©OMOTE Nobutada

鉄骨むき出し。骨組みもあらわに大胆なくらい大きく窓をとり、日中は外からの光を存分に取りこむ開放感あふれる空間。設計を手がけた建築家の永山祐子さんは「まるでお豆腐やさんの軒先や土間のような感覚で、誰でも気軽に立ち寄れる場所」というお題のもと、そのイメージを“街の今”にすっと溶け込むようデザインを完成させました。

オーナーさんの想い、Soup Stock Tokyoの想い、街の想い、すべてを融合しながら実現したのは「シンプルで今っぽいのに、ずっと昔からこの街にあったような空間」です。

1Fはまさに「土間」のイメージ。6人用のロングテーブルが23つ並ぶ空間の奥には、MUJI的なシンプルさを感じさせるキッチンがちらり。働くスタッフのみなさんたちもシンプルなエプロンのユニフォームで、リラックスした雰囲気が漂います。  ©OMOTE Nobutada

©OMOTE Nobutada

料理の要は、やはり「スープ」。11時半に開店する同店では、昼間は「気ままなブランチプレート」をテーマに、常時4種類のプレートメニュー(¥1,250~¥1,500)を提案。いずれも1人用の小鍋に調理された“メインのスープ”を中心に、“はじめのスープ(アミューズ的なサイズの日替わりスープ)”、“野菜のお皿”、“小さなお皿”の3種類のサイド的前菜で構成されるプレートメニューで、メニューの内容はおおよそ2週間に1度の頻度で変更されるそうです。

プレート左上から時計回りに、「はじめのスープ」、「メインのスープ(写真は「肉団子アラブ風煮込み」)」、「野菜のお皿」「小さなお皿」、「ライス(キヌアごはん)」*ライスは石窯焼パンも選択可能。

17時からはじまるディナータイムは、「お酒をかわしながらスープを囲むディナー」をテーマに、「いまの魚のアクアパッツァ」、「羊と鶏のモロッコ風煮込み」「赤ワインのボルシチ」「あさりと野菜のチャウダー」など、3~4人でシェアすることを前提に用意されたアラカルトメニューをラインナップ。

写真左から、赤ワインのボルシチ ¥3,600、羊と鶏のモロッコ風煮込み ¥2,400、いまの魚のアクアパッツァ ¥3,400、あさりと野菜のチャウダー ¥1,900  *付け合わせに、+300円でクスクスの追加オーダーも可能。

「素材の持ち味」や「出汁(だし)」にこだわるSoup Stock Tokyoならではのスープ料理を中心に、お酒(特にスパークリングワイン!)に合う酒の肴やサイドメニューも魅力的です。

先述しましたが、お酒は女性たちが大好きなスパークリングワインに力を入れています。グラスは¥580から。ボトルでは¥2,800からと、リーズナブルな価格のものを中心に全7種類。それ以外にも、マンゴーやキウイ、木苺など旬のフルーツを使ったスパークリングカクテルなどもオンリストされているので、お酒は少し弱くて…という女性たちにはこんなシュワシュワメニューもおすすめです。

空間は“天井高約6メートルの吹き抜け”を軸につづくふたつのフロアと、2Fにあがると出現するルーフトップテラスの計3層で構成。街の路地の延長上にあるような1Fの空間(1人でもふらりと入れる雰囲気)、ちょっとした貸切パーティにも活用できそうな開放感あふれる2Fの空間、コジーだけど居心地がよく気心がしれた仲間との食事にぴったりなルーフトップテラス(12名までOK)。その日の気分や目的にそっと寄り添ってくれる、女性ならではのセンスや息づかいを感じさせる空間はどのフロアでも居心地の良さが印象に残ります。

©OMOTE Nobutada

晴れた日には窓が気持ち良いほど大胆に解放される同店では、街並の中に溶け込むような気分を味わいながらのブランチがおすすめ。ペットも小さいお子さんもOKとのことなので、仕事のオフや友人との集い、ママ友とちょっとゆったり食事を楽しみたい時、これからの季節はルーフトップテラスで女子会など、さまざまなシーンで訪れてみたいお店です。

also Soup Stock Tokyo(オルソ スープストックトーキョー)
東京都目黒区自由が丘1-26-13 POOL
tel. 03-6421-4391
11:30〜22:30(L.O.22:00) 不定休
http://also.soup-stock-tokyo.com/
 

 
 
(松浦 明)