WWO-Woman Welleness Online-

浮き出た血管、シワ…手遅れになる前に「老け手ケア」をはじめて

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

紫外線が強く、肌の乾燥もひどくなる今の季節に、ダメージを受けやすい手は、“年齢が隠せない部分”ともいわれています。

それなのに、手は意外と無防備になりやすいですよね。

しかし、そのままにしていると、血管が浮き出たり、ささくれやしわでガサガサしたりしていると老けて見られてしまいます。

そこで今回は、エステティシャンの筆者が、ふっくらとツヤがある手を保つための“老け手”のケア法をご紹介します。

 

■やっぱり乾燥は大敵

顔と同じように、年を重ねるとコラーゲンやエラスチンのような弾力やハリを保つ成分が減ります。そのため、血管が目立ちやすくなります。

しかし、実は年齢に関係なく、乾燥や体質でも“老け手”になってしまうことがあります。

乾燥の主な原因は、手洗いです。食器洗いなど、水仕事の多い女性は特に注意が必要ですね。水をすぐに拭き取り、ハンドクリームを塗るようにするだけでも乾燥ケアになりますよ。

 

■紫外線もしっかりケアして

忘れやすいのが、これからの季節特に気になる“紫外線”です。

手の甲は常にさらされているため、日焼けのダメージが大きいのです。手袋をして守っている方もいるかもしれませんが、それだけでは不十分。こまめに日焼け止めを塗ることが重要です。

しっかりとケアをして乾燥や紫外線から守ることで、手の甲がふっくらとし血管が目立ちにくくなりますよ。

 

■ストレスも原因に?

実は、血行が悪くなることで血管が浮き出ることがあります。

原因は“冷え性”です。特に末端冷え性の方は、手や足の血行が悪い状態なので、手の甲の血管は流れが悪くどんどん詰まっていき、プクッと膨れて目立っていきます。

また、ストレス状態が長く続くと全身の血液循環が悪くなります。そのため、冷え性と同様に、手の甲の血管が膨らんでしまいます。

これらは、手を上にあげてグーパー運動を行うことで、改善しやすくなりますよ。

 

■特別なことは不要!簡単「ハンドケア」法

顔と同様のケアをすることが、手の甲にも有効です。毎日の顔のケアにプラスしてみてはいかがですか?

(1)手を拭くときは、抑え拭き

顔は、ゴシゴシ拭きませんよね? それと同様、手も優しく拭いてください。

(2)毎日、基礎化粧品をつける

顔につけた残りの化粧品でも結構です。化粧水と乳液やクリームだけでもつけるようにしてください。

(3)日焼け止めをつける

日焼け止めも、顔だけでなく手にも塗ります。手を洗うと取れてしまうので、ウォータープルーフタイプを使いましょう。

また、日焼け止めは、日焼け止めリムーバーが必要なものは専用のものを使用して、ちゃんと落としましょう。落とした後は、乾燥しないようなケアも必須ですよ。

(4)外出先には、ハンドクリームと日焼け止め

手は何かと洗うので、そのたびハンドクリームと日焼け止めを塗ります。手首の方まで塗ることで、マッサージ効果が上がり、血行が促進されます。

その他、冷え性対策で、日ごろから運動や入浴をしたり食事に気を付けたりすることで、手だけではなく顔や体の老けも若返りが目指せます。

 

いかがでしたか? どんなにネイルなどで飾っていても、老けて見える手だと残念ですよね。

紫外線が強い今の季節、今日からすぐケアをはじめましょう。

また、喫煙や過剰な飲酒は、老け手にも影響を及ぼしています。ぜひこれを機会に、生活習慣の見直しもしてみてください。

【筆者略歴】

山田みき ・・・ エステティシャン・美容師。自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。NHKにてエステ指導や雑誌掲載多数。エステ・ヘアメイク・着付け各種コンテスト優勝及び上位入賞の経験をもつ。

【画像】

※ Rido / shutterstock

【関連記事】

※ プロの常識!シーン別に使い分けたい「うるおいハンドクリーム」3選

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]

※ オバ見えの原因!どんどん「ほうれい線が刻まれる」NG習慣5つ

※ 老け見えの原因!「ガサガサかかとをしっとりさせる」お手軽ケア方法

※ 顔汗の季節はスグそこ!夜まで「サラサラ美人」をキープする方法 [PR]