WWO-Woman Welleness Online-

むくみやすいアナタは要注意!「梅雨太りになりやすい体質」3パターン

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

今年ももう梅雨の季節ですね。

本格的な夏を前にダイエットをする人も多いと思いますが、実は梅雨の期間には太る原因がいっぱいあるんです。

そこで今回は国際中医薬膳師の筆者が、タイプ別に3つの“梅雨太り体質”をご紹介します。

当てはまる人は、あわせて紹介しているおススメ薬膳食材で、健康的に梅雨太りを解消する参考にしてくださいね。

 

■1:梅雨むくみタイプ

外気の湿度が高くなる梅雨ですが、実は体の中にも影響があり、むくみやすくなる時期です。

元々むくみやすい体質の人は、さらに水分を溜め込み“梅雨むくみ”にレベルアップ。体が重く感じ、下半身が肥大する下半身太りになりやすくなります。

このタイプの方には、“水はけをよくする食材”がオススメ。

“利水(りすい)”と呼ばれる、余分な水分を排出する効果がある食材を食べましょう。はとむぎ、小豆、アスパラガス、きゅうり、とうもろこし、なす、アサリなどがあります。

また、余分な水分が多いと体が冷えやすくなるため、“身体を温める食材”も摂りましょう。

 

■2:梅雨冷えタイプ

オフィスや公共機関では早くも冷房が稼働し、冷えて手足が寒く感じる女性も多い季節です。元々冷え性の女性は、梅雨の影響で体の中の水分量も増えていて、この水分が冷やされて更に冷えてしまいます。

そのため代謝が落ち、食事で摂った糖質や脂質もうまく燃焼されずに脂肪が体に溜まりやすくなり、太りやすい状態です。

このタイプにおススメなのが、“代謝を良くする食材”と“温める食材”。

エネルギー代謝を促進する“補陽(ほよう)”の働きがある、エビ、ニラ、ネギや、消化力を上げる“健脾(けんぴ)”の働きがあるイワシ、タイ、じゃがいも、大豆、牛肉などを積極的に食べましょう。

 

■3:梅雨ストレスタイプ

梅雨の間は自律神経が乱れ、体調不良を感じる人が多い季節。ストレスを感じるとさらに自律神経が乱れてしまいます。

その乱れによって内臓が弱ることで便秘がちになったり、ストレスで甘い物を食べ過ぎたり、ホルモンバランスの乱れで食欲がコントロールできなくなったりと、ダイエットに対するマイナス要素が増える季節といえます。

このタイプには“気の巡りが良くなる食材”がオススメ。“理気(りき)”は気を正常に巡らせる働きがある食材で、さんざし、玉ねぎ、ピーマン、かぼす、グレープフルーツなどのほか、香りのよい紫蘇やジャスミンなどがあります。

「なんとなく体調が悪いのは自律神経の乱れかな」と感じる時も、芳香性がある香りの良い食べ物が助けになるのでぜひお試しください。

 

いかがでしたか? これらの体質は太りやすいだけでなく、体調不良にも繋がる原因です。

規則正しい生活リズム、バランスの良い食事の中で、献立を考える時の参考にしてくださいね。

【筆者略歴】

坂本 雅代 ・・・ 国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士。これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在はサロン経営、エステ講師、美容ライターとして活動中。

【画像】

※ Rido / shutterstock

【関連記事】

※ 顔汗の季節はスグそこ!夜まで「サラサラ美人」をキープする方法 [PR]

梅雨のダルさを吹き飛ばす!「むくみ解消&猫背改善」のヨガポーズ

ご飯はスプーン1杯でOK!朝食におすすめ「薬膳粥レシピ」2つ

翌朝のスッキリ感が違う!「むっちり足に効く」2ステップのむくみケア

※ 専門医が推奨してる「頑張らずに痩せる」最新ダイエット法とは? [PR]