専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > ケンカを長引かせているのは妻の方!? 夫婦のケンカ事情

ケンカを長引かせているのは妻の方!? 夫婦のケンカ事情

最近、ご主人とケンカしたのはいつですか? 「喧嘩するほど仲がいい」ということわざはあるものの、やはり夫婦ゲンカはイヤなもの。 ケンカでのストレスが原因で、体調を崩してしまったり、暗い気持ちになってしまったら、元も子もありません。

今回は、他の人には聞けそうで聞けない、だけど気になる、『夫婦のケンカ事情』について紹介致します。

 

■夫婦ゲンカは平均3ヶ月に1回

株式会社アサツー ディ・ケイが男女2,836人を対象に行った「日本人の平均調査2014」によると 夫婦ゲンカの頻度の平均は84.7日に1回。つまり3ヶ月に1度ケンカをしていることが分かりました。

 

■仲直り、女性の方が時間が掛かる!?

同調査によると、仲直りするまで日数の平均は全体で13.1日。男女別にみると、男性は10.2日、女性は15.7日と、仲直りするまでの日数で男女に5.5日のギャップがみられ、女性の方が仲直りするまで時間を要することがうかがえます。

この結果より、女性側に仲直りする気があれば、ケンカ期間を短くすることができる、言い換えると女性がケンカを長引かせてしまっているということも意識した方が良いかもしれません。

 

■怒りを抑える食べ物3つ

仲直りしたい気持ちは山々だけど、ストレスが溜まりに溜まって、なかなか怒りを沈められないという女性も多いと思います。

実際に、米オハイオ州立大学行動医学研究所のLisa M. Jaremka氏らによる研究で、配偶者との関係に懸念や不安を抱く「愛着不安」が強い夫婦はストレスのレベルが高いということが明らかになっています。

 そこで、今回はストレスに効き、イライラを抑えるのに有効な食べ物を紹介したいと思います。

(1)ヨーグルト

ストレスを感じると、胃酸の分泌が多くなり、胃粘膜を刺激します。胃酸を吸着し、胃粘膜を保護する作用のある牛乳を発酵させて作られるヨーグルトには牛乳と同じく、緊張をほぐし、神経を和らげる作用があります。発酵してできる、乳酸の酸味もストレスには効果があります。

(2)チョコレート

チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールにはリラックスを促し、緊張を和らげる働きがあります。このことは、ラット実験により科学的にも確認されています。

(3)サーモン

サーモンには、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれており、コルチゾールやアドレナリンなど、ストレスに関連のあるホルモン類を適切な値にコントロールするのに有効な食べ物です。

 

夫婦といえど、他人と共同生活を送るなかで、さまざまな摩擦・衝突が起こるのは当たり前。そんな時に、いかに早く仲直りできるかで、日々の心の負担・身体の負担が変わるはず。

素敵な夫婦生活のために、ケンカをしたら、これを食べる!などの習慣を作ってみてはいかがですか?

 

【参考】

ADK日本人の平均調査2014 – 株式会社アサツーディ・ケイ

専門家が美容・健康に関する情報を発信する20~30代後半女性向け情報メディア。自分が「心地よいと感じられる美しさ」を手に入れたいと願う大人の女性に寄り添う情報が満載です。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる