Woman.excite

買い足すならこの一足! NIKE、PUMA、addidas、コンバースのスニーカー

 
スニーカーというと一番にカジュアルな印象が思い浮かびますが、近頃のオシャレな女性たちはそのイメージを実に上手く取り入れて、自分流のスタイルを作っています。

例えば、シャツ×パンツのシンプルなモノトーンスタイルにヴィヴィッドな一足を合わせてみたり、ハイヒールの代わりにあえてワンピースに旬の一足をコーディネートしてみたり。

初夏もすぐそこ、色とりどりの着こなしが楽しめるこの季節に軽やかなスニーカーをぜひ取り入れてみては? 今回は、多種多様なレディーススニーカーを扱う人気店「シュープラザ 吉祥寺本店」さんに教えていただいた、大人の女性におすすめのスニーカーをご紹介します。

■【NIKE】
足元がキレイに見える!素材とカラーバリエが豊富なナイキのシューズ

▼ナイキウィメンズフレックス エクスペリエンス ランチプレミアム

目の覚めるようなロイヤルブルー、ライトグレー、ブラックの3色がそろったランチプレミアムは、本来、ランニングシューズとして設計されたもので、軽量かつ、屈曲性、クッション性に優れています。

通気性に優れたメッシュアッパー素材を採用したモデルは、トレーニングにも使える仕様ですが、その美しさをより引き立てるホワイトソールとのコントラストは、主役級の鮮やかさ。上下同素材のパンツスーツやプレーンなロングワンピースなどにも華を添えてくれること必至です。

▼ナイキ テニスクラシック

ナイキの代表的モデルのひとつ「テニスクラシック」からは、象徴的なスウッシュマークを浮き立たせるヴィヴィッドなカラーリングが登場。


一歩間違えれば、けばけばしくなりがちなショッキングピンクを品良くまとめた手腕に老舗メーカーのセンスがきらりと光ります。あるようでなかった同色のシューレースをさらりと配したところも実にオシャレです。

▼ナイキ ウィメンズ エアマックス サイレンプリント ¥11,000

立体的なミッドソールとジュエリーをイメージしたヒールデザインが人気のモデル。ドット柄のメッシュアッパー素材から透けて見える内側のディテールが、スニーカーをより立体的に美しく魅せています。これからの暑い季節に涼しい風を運んでくれるような軽快な一足です。
 
 

■【addidas】
大人の女性が履くから光る。マニッシュなアディダスのデザイン

▼アディダス NEOHOOP STER VS

数あるスニーカーブランドの中でも、レディースだからといって、フェミニンなテイストをふんだんに取り入れたりせず、あくまでもブランドのシンボルであるトレフォイルロゴ(三つ葉マーク)やパフォーマンスロゴ(三本線で三角形をかたどったマーク)を忠実に継承しながら、カラーリングや素材に微細な変化を加えることでバージョンアップさせていくアディダス。

どちらかと言うと、メンズライクな印象が強いモデルが多いですが、女性が履くとあら不思議。時にキュートに、エレガントに。色香が漂う印象に変化してしまうのはアディダス・マジックとしか言いようがありません。

▼アディダス VALCLEAN2

三本線をあえてボディと同色のパンチング加工であしらったバルクリーン2は、「アディダス ネオ」の定番モデル。ソールの厚さは2cm。さらっとシンプルなネイビーカラーなら、オールシーズン、どんなコーディネートにもマルチに対応してくれます。

▼アディダス Gymbreaker Bounce

ランニングはもちろんのこと、ダンスやジム、ボクササイズなど、幅広いスポーツやアクティビティに対応してくれるシューズ。見た目はスリムですが、実は、足幅2E相当の余裕あるサイズ感なので、幅が少し大きめの人にもぜひトライしてみて欲しい一足です。


切り替え部分にグラデーションのパイピング加工を施したアイデアも素晴らしいですが、どことなく小さなハートのように見えるピンク模様をあしらったシューレースは大人の女心をくすぐる細やかなディテールです。
 
 

■【PUMA】
履けば体も引き締まる!?スレンダーデザインで魅了するプーマ

▼PUMA VIKKY GEOMETRY ¥8,500

プーマのロゴマークは、跳びはねるピューマ(アメリカライオン)。その流れるような力強い特性はデザインにもみずみずしく表現されています。


フロックスピンクとダズリングブルーの2色展開から成るビッキー・ジオメトリーは、配色がみごと。メイン素材には天然皮革を採用していますが、それでこのプライスなら、大人買い必至でしょう。

▼PUMA BURST WNS ¥7,900

重厚感のあるシックなフェイスとはうらはらに、片足の重さはほんの約230gと超軽量。通勤や買い物、普段履きなど、あらゆるシーンで重宝できる一足です。

▼PUMA FLEXRACER ¥7,400

フレックス性のあるソールを使用したランニングタイプのモデルです。すっきりと無駄をそぎ落としたシルエットは、ソールにヴィヴィッドなパープルを配したことでより一層際立っています。重量は片足約188gとさらに軽量。ネイビーのほか、ローズ・レッドの暖色系などもそろっていて、どの一足にするか、選ぶのに困ってしまう魅力的なシリーズかもしれません。


後ろからみると、配色の鮮やかさがより鮮明に見て取れます。かかとには、シンボリックなプーマのロゴが小さくプリントされています。
 
 
 
■【CONVERSE】
永遠の定番、コンバースはあえて、スタンダードなカラーを選ぶのが粋

▼MN-ST OX(CY)、MN-DT-HI(CY) グレー

スニーカー好きのアラフォー女性のあいだで、群を抜いた人気を誇るコンバース。学生時代から長年愛用している人も多いようですが、このブランドの凄さはどれだけ時を経てもなお進化を続け、常に新鮮な驚きを与えてくれることでしょう。

星柄や水玉柄など、誰もが親しみを感じる模様も、コンバースの手に掛かるとこの通り。どこまでもシンプルなのに、ただそれだけで愛おしいアイテムに早変わりしてしまいます。


前、横、後ろ。どこから見てもパーフェクトなフォルムは、オールスターの刻印と相まって唯一無二の個性を放ちます。

▼1CK191、1CK193

シューレースありとなしの2WAY仕様で楽しめるスリッポンシューズに、ホワイトとブラックの2色が登場。90年代のファッションアイテムに多く見られた“ビッグロゴ”をコンバース流に落とし込んだオールスターです。


ソール周りにもラバーパーツの「CONVERSE」ロゴを大きく貼り付けたデザインは斬新。加えて、優れたパフォーマンスと来れば、コンバースファンが放っておくはずがありません。


極めて人気の高い商品のようですので、ピンと来た方には早めにチェックしたほうがよさそうです。

ナイキ、アディダス、プーマ、コンバース。4大ブランドの新作はいかがでしたでしょうか? どこに行くにしても、お気に入りのスニーカーを履いて出かける時ほど、気分の上がることはありません。夏に向かって、颯爽と街に繰り出してみませんか。色、素材、価格などを総合的に見て、「コレ!」と思えた一足があれば幸いです。
 
取材協力:シュープラザ 吉祥寺本店

JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅下車北口から徒歩1分、サンロード商店街の入り口付近にある大型シューズ店。キッズ用からお父さん・お母さん用のシューズ、ウォーキング用からランニング用まで幅広い品揃えが魅力です。シューズ選びに迷った際も、スタッフさんが親身に相談にのってくれます。週末はご家族そろって、お気に入りの一足を探しに出かけてみては?

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 ファミリープラザ1F
tel. 0422-23-7092 営業時間:10:00~21:00
シュープラザ 吉祥寺本店
 
※商品価格は税抜き価格です
※時期や店舗によって販売価格が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
(岸 由利子)