Woman.excite

男性が家事をしてくれる、ちょっとした工夫とは? 気が利かないパートナーの対処法(2)

こんにちは、恋愛作家の片瀬萩乃です。「『察してほしい』は伝わらない! 気が利かないパートナーの対処法(1)」では、気が利かないパートナーについての女性側の考え方や、心の対処法をお伝えしてきました。今回は実際にどんな行動をしたらいいのか、についてご紹介ましょう。

© Monkey Business – Fotolia.com

■相手に伝わる言い方を考えてみる
ある男性と話をしていたときにわかったことがありました。それは、ほとんどの男性は“手伝うことが嫌なのではない”ということ。しかし頼まれたことをしても機嫌が悪い女性に、困惑しているのです。

気づかない男性が悪い! と言ってしまえば、それまでかもしれませんが、それでは解決の糸口は見出せません。そこで、こちら側の伝え方を変えてみるのはどうでしょう?

伝え方のポイント その1
1つめは、あなたがイライラしないゴールは何かを考えてみる。私自身、洗濯物に関して言えば、今まで「洗濯物をとりこんで」とお願いしていました。当然のことながら、洗濯物を取り込んでくれて終了していました。

そのとき、洗濯物の一連の作業を思い返してみました。

干す → 取り込む → たたむ

「洗濯物をとりこんで」とお願いしても、ゴールにたどり着かないということがわかり、それ以来「洗濯物をたたんで」とお願いするようになりました。そうすることで、取り込んでたたむ作業までしてくれるようになりました。

このように、ゴールにたどり着くまでの道筋をちょっと考えてみると、伝え方も変わってきます。
 
 

伝え方のポイント その2
ふたつ目は、自分が嫌な思いをしないお願いの仕方を考えてみましょう。ある女性の話ですが、今まで「ごみを出してきて」と玄関にゴミ袋を置いていたのですが、彼は置きっぱなしで仕事に行くことも多かったそうです。

そこで彼女は「ゴミ出してきてもらっていい?」とお願いをして「わかったよ」と彼が返事をする、そのときに「ありがとう」と笑顔でお礼を伝えたところ、ゴミ出しが完璧になったそうです。

一見、こっちが下手に出ているように思えますが、自分が嫌な思いをしないための言い方を考えた結果だと、彼女は言っていました。

同じような言い方をする必要なんてありません。ただ、最終的にあなたが気分よくいられるための言い方はどんなものか、模索しながら相手に伝えてみてください。

最初は「なんでこんなことまで…」と思うかもしれませんが、やっているうちに相手の変化が見えて楽しくなってくるから不思議です!

■明確にルール化(分担)をする方が男は動く

おもしろいのが、男性は「こういうときは、こうする」とルール化されているほうが、動きやすいのです。例えば、“お風呂洗いは最後にお風呂に入った人が洗う”というルールを作っておくだけで、言わなくてもやってくれるようになったという話を聞きました。

細かいことまでルールづけをする必要はありませんが、決め事を作ることで、やらされた感も減りますし、気が利かない!とイライラさせられることも減ります。

好き同士でも、難しいと感じることはたくさんあります。そんな中で一緒に暮らしていくのですから、お互いが居心地の良い環境を作り合うことはとても大切なこと。

それに、もしかしたら、彼自身も気が利かないのではなく、ただ気が利くポイントが違っているだけなのかもしれません。「気が利かない!」と言う前に、ちょっとだけ見方・伝え方を変えてみると、違う結果がみえてきますよ。
(片瀬 萩乃)