Woman.excite

美肌づくりをサポート! 女性ホルモンと似た働きをする植物とは?

植物のなかには、女性ホルモンの“エストロゲン”と似た働きをする「女性ホルモン(エストロゲン)様作用」「植物エストロゲン」という、美肌づくりをサポートしてくれる物質があります。大豆に含まれるイソフラボンをはじめ、こうした植物を美容に活用すれば、さらに輝く肌を手に入れられるかもしれません。

© 5ph – Fotolia.com

■生命の果実といわれる「ザクロ」
原産地のペルシャ地方では「生命の果実」といわれ、不老不死の薬として知られています。エストロンという成分に女性ホルモン様作用がありますが、じつは種に含まれているのだとか。そのため、ジュースやザクロの果汁と砂糖から作られるグレナデンシロップでは効果が期待できないかもしれません。

生のザクロを食べるときには、種ごといただきましょう。少し苦味があるので、種を食べることに抵抗がある場合は、ザクロの種子エキスを使ったサプリメントや、種ごとパウダーにしたものがおすすめです。フリーズドライや冷凍ザクロも食べやすくなっています。
 
 

■抜け毛や白髪予防には「ホップ」

ビールの原料でもあるホップにも、女性ホルモン様作用があるそうです。中年以降の女性が悩みがちな抜け毛や白髪予防に効果が期待でき、育毛剤に配合されることも。髪の状態が気になるときは、発泡酒や第三のビールよりも「ビール」を選ぶようにしましょう。

しかし、いくら美容効果があるといっても、飲みすぎるのは考えもの。ビールは適度に楽しみつつ、ホップエキスを配合したサプリメントを利用すると効率的です。

■生理痛や更年期におすすめ「アロマオイル」

アロマオイルにも、女性ホルモン様作用があるといわれる植物が使われています。

●クラリセージ
PMSや更年期障害など、女性特有の悩みに効果的なのだとか。

●フェンネル
生理痛などの症状のほか、母乳の出がよくなるといわれています。

●イランイラン
「感応的な香り」とも評されるオイルで、女性ホルモンのバランスを整えるそう。

日本の食卓にはほとんど並ぶことのない植物が多いので、サプリメントや化粧品を活用するのが効果的。ただし、妊婦や授乳中のママには悪い影響を及ぼす可能性もあるので、医師などの専門家に相談してから使用するようにしましょう。
 
 
(藤井蒼)