Woman.excite

敏感肌の人も健やか髪へ お湯で洗う「お湯シャン」の方法

今、敏感肌の人に注目を集めているのが「お湯洗髪(お湯シャン)」です。「お湯だけできれいになるの?」「フケや悪臭がして嫌がられない?」と思う人も多いと思いますが、ちゃんとしたやり方をすれば、大丈夫。そこで、お湯シャンのやり方や効果について紹介します。

© Iurii Sokolov – Fotolia.com

■普通のシャンプーでは肌が痛む人にもおすすめ

シャンプーやリンス、トリートメントは効率よく頭皮や髪の汚れを落としたり、潤いを与えてくれます。シャンプーで汚れを落とした後は、さっぱりとしてとても気持ちがよく、さらによい香りがして就寝時や日中にも幸せな気分にしてくれる、毎日に欠かせないものです。

ところが、シャンプーなどに含まれる、界面活性剤などの一時刺激性物質により炎症を起こす人がいます。低刺激のものもありますが、それでも肌を痛めやすい人はいるのです。

なかには洗い落としきれなかったシャンプーなどが頭皮以外の首や背中に付着したままとなり、頭皮以外に炎症、かぶれなどを引き起こし、原因がわからないまま悩む人も。

■頭皮をやさしくマッサージ

そこで注目なのがお湯洗髪です。40度以上のお湯を使うとシャンプーと同レベルの洗浄効果が期待できるそうですが、あまり高すぎると今度は皮脂を落としすぎるので加減が大切です。

<お湯シャンのやり方>
1.まずは動物性のブラシで丁寧にブラッシング。
2.地肌にシャワーで丁寧にお湯を当てます。
3.シャワーを当てる位置を少しずつずらして全体を洗うようにします。
4.指先の腹を使い時間をかけてやさしくマッサージするように丁寧に洗います。ゴシゴシ洗いはフケの原因になるので気を付けましょう。
5.やわらかなタオルで水分をよく取ります。このときに使うタオルもしっかりとすすぎ洗いし、柔軟剤などの残留物がないものを選びます。
6.最後はドライヤーで乾かします。

お湯シャンを続けて抜け毛が減った、髪が太くなったという声も。最初の頃は洗い上がりがゴワゴワと感じますが、やがて艶が出てくるといわれています。

頭皮のタイプによって、お湯の温度を調節することも大切です。乾燥肌の人は35度の前後のぬるま湯で、皮脂を落としすぎないように気を付けましょう。洗う時間を短くするのも手です。

一方、脂性肌の場合は、お湯の温度をやや上げるといいでしょう。

肌トラブルなどがなく、急を要していないなら、最初はシャンプー・トリートメントを使い、だんだん量を減らしていくのもいいかもしれません。

子どもがお湯シャンに挑戦したいときは、ママが丁寧にやさしく頭皮を洗ってあげてもOK。まずは翌日の外出予定がないときなどにお試しを。
(平野智美)