It Mama

バストを揺らしちゃダメ!? 「バストラインの崩れ」を防ぐ3つの習慣

source:http://www.shutterstock.com/

多くのママが、産後や卒乳の頃に、バストラインの変化に気付き悩むという話を耳にします。

実はこのバストラインの変化は、妊娠とともに始まっているということをご存じでしょうか?

今日は看護師の筆者が、バストラインが崩れる原因とバストラインを美しく保つ秘訣をご紹介します。

 

■母乳派orミルク派は関係なかった!「バストライン」が崩れる原因とは

妊娠すると生殖腺刺激ホルモン(エストロゲン)の分泌が促進されます。妊娠の中期以降、特に顕著になり乳腺に母乳の産生と分泌の準備が整います。

このホルモンによって、妊娠・授乳期に乳腺組織は最も発達し、授乳が終わると元に戻ります。

授乳を行わなくなると乳腺は徐々に萎縮していきます。それまで活発だった乳腺細胞は徐々に減り始め、バスト位置が下がり“垂れる”、“しぼむ”の原因になるのです。

このバスト位置の変化は母乳派、ミルク派は特に関係ありません。あくまでホルモンによるものが大きいのです。

 

■「バストラインを崩さずにキープする」にはどうしたらいいの?

source:http://www.shutterstock.com/

授乳期には最も乳腺が発達して乳房全体が劇的に大きくなります。

この乳房の大きさの変化に対応していくことこそ、バストラインを保っていく秘訣になります。

また、バストを支えている“クーパー靭帯”を守ることが大切です。

このクーパー靭帯は一度伸びたり、断裂してしまうと戻りません。ホルモンは操作できませんがクーパー靭帯を傷めないケアをしてあげることが大切です。

特に乳房が大きい方は、くずれて垂れやすいので参考にしてください。