It Mama

“化粧崩れ”梅雨のせいにしてない?ジメジメに左右されない「正しい肌のお手入れ・メイク方法」3つ

soucre:http://www.shutterstock.com/

梅雨は“ジト~”、外に出れば横殴りの雨に晒され、かと思うと、気温が上がり湿度とあいまってサウナ状態になって汗をかいたりと、お肌のコンディションが整いにくい季節かと思います。

とはいえ、ワーママなら職場で人と会いますし、ママ友との集まりなどもあるので、できるだけキレイな状態を保ちたいというのが、オンナゴコロではないでしょうか?

今回は、エステティシャンの筆者が、梅雨から夏の季節にオススメな“崩れにくいメイク法”についてお伝えいたします。

 

■ジメジメの梅雨の時期もお肌の奥は乾燥していた!

梅雨は、雨が多く、湿度が高いので、肌が乾燥しないと思いますよね。

しかし肌は、夏に向けて代謝が上がり、皮脂量などの分泌も盛んになっている途中。なのに、冷房の使用も多くなり、外気との温度差も出てきて、体温の調整だけでなく、肌のバランスも混乱している状態なんです。

乾燥しないと思っていても、肌の奥は乾燥する“インナードライ”の状態で、皮脂が過剰に出た“テカリ”で、メイク崩れをしやすくなります。

 

■実は「メイク崩れを悪化させている」こと2つ

soucre:http://www.shutterstock.com/

(1)スキンケアが雑!

どうせ油っぽくなるし、乾燥も感じないから化粧水すらしないとか、石けんで“サッ”と洗えばいいやとか、そのような“雑なスキンケア”は、梅雨の肌のコンディションを悪くします。

また、昼くらいに額や鼻のファンデーションが浮くのは、正常なことなので、化粧崩れに過剰にならず、自分の肌をよく観察して“適切なスキンケア”を行うことがポイントです。

適切なスキンケアを行うことで、化粧崩れが感じにくくなります。

 

(2)季節を無視した「ファンデーション」を使っている

冬の余ったファンデーション、もったいないと思って使っていませんか?

メイク崩れをしにくくするためには、やはり、“季節にあった”ファンデーションを選ぶことです。

オールシーズンのタイプでも、化粧崩れが気になる場合、夏用のファンデーションに変えるだけで軽減されることがあります。

やはり、冬のファンデーションは、乾燥をしにくく作られていて、夏のファンデーションは、汗や皮脂に強いように作られているので、シーズンでファンデーションは変えるのがオススメです。