Woman.excite

ちょっと贅沢な夏の思い出を 「水辺× グランピング」スポット3選

アウトドアやキャンプと聞くと「準備や道具をそろえるのが大変そう」「子どもをみるのに精一杯で親は楽しめないかも」と感じる人もいるのでは? そんな人にぴったりなのがグラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせて話題となった「グランピング」です。

© Kirill Grekov – Fotolia.com

大自然に囲まれながらもホテル並みの快適な宿泊施設があり、テントを張ったり食事の準備も不要なので贅沢なキャンプを楽しむことができます。今回はそんなグランピング施設の中から、夏ならではの水辺レジャーが楽しめるスポットをご紹介しましょう。

■水辺ヴィラで初めてのカナディアンカヌー体験!

画像提供:伊勢志摩エバーグレイズ

三重県志摩市にある「伊勢志摩エバーグレイズ」のグランピング用ヴィラがたっているのは広い水面が見渡せる水辺。 カヌーがついており、4人乗りのカナディアンカヌーを楽しむことができます。

ライフジャケットやパドルの貸出に加えて乗り方の指導もきちんとあるので、カヌーが初めてというママやパパも安心。カヌー専用の迷路コースがあり、ワニやオオトカゲの仕掛けなど、遊び心を感じるアクティビティになっているので子どもたちのテンションもあがりっぱなし! 

伊勢志摩の山と海に囲まれた環境ではメダカやトンボといった水生生物や、約50種類を超えるカモやサギなどの野鳥を目にすることも。宿泊が難しい場合には朝から夕方までのデイキャンプも可能なので、気軽に訪れることができます。
 
 

■海遊びに疲れたらダブルベッドでお昼寝…

画像提供:FBI AWAJI

兵庫県淡路島にある「FBI(船瀬ビーチイン)」は総面積約2,000坪をほこるオートキャンプ場! 目の前に広がる海の景色は開放感たっぷりで、ネット上でも「行ってみたい!」という声が多く話題になっています。最大4名までが宿泊できる「JERRY」はベルギーから輸入したというコットンテントがかわいく、絨毯にテーブル、チェアが配置され、寝心地のいいダブルベッド、バーベキューグリル、ランタンなども完備されています。

海水浴を楽しみつつ、ちょっと疲れたらテントへ戻り、ごろごろしながらのんびり…。全エリア焚き火がOKなので夜はキャンプファイヤーも体験可能。

キャンプ場の中央に位置するビーチハウスは昼間はカフェ、夜はバーを営業。レストラン営業ではロコモコやガパオライス、ハンバーガーにお子さまカレー(甘口)などのメニューがあるので、お腹がすいたら気軽に立ち寄って食事を摂ることもできます。静かな波の音を聞きながら寝入ってしまう贅沢体験は、ここならではですね。

■海の上に浮かぶクリアカヤックで水上散歩

画像提供:THE HOUSE on the beach

神奈川県の三浦半島に位置する葉山。高級別荘地にある「THE HOUSE on the beach」はグランピングをとりいれた新感覚のプライベートレンタル邸宅です。まるで海に浮かんでいるかのようなこの施設はラグジュアリーハウスとも呼ばれ、自然の豊かさを感じながら快適で優雅な時間を過ごすことができます。

こちらでは船底が透明なクリアカヤックに乗ることができます。沖縄などで体験できるアクティビティですが、水質がきれいな海でしか楽しめないことからさほど定着しなかったそう…。そんなクリアカヤックもきれいな葉山の海なら問題なし! 2人乗りで1時間と長く楽しめ、エスコートしてくれるスタッフもいるのでお子さんが乗っても安心です(小学生以上から)。海の上をそのまま進んでいるような、不思議な感覚が味わえますよ。

大自然の中を、優雅に過ごす。たまにはそんな贅沢な体験もいいですよね。今年の夏の思い出づくりの参考にしてみてくださいね!

・伊勢志摩エバーグレイズ
http://www.everglades.jp/

・FBI AWAJI
https://www.fbi-camping.com/awaji/sp/

・THE HOUSE on the beach
http://www.thehousehayama.com/

・THE HOUSE on the beach クリアカヤック詳細
https://www.facebook.com/thehousehayama/
(すだ あゆみ)