Woman.excite

不倫? 純愛?「たった一度の愛」を英語で♪【ムギ子の映画deえいご Vol.3】

ハロージャパン! ライターの尾崎ムギ子です。

イラスト/尾崎ムギ子

ハア、恋がしたい。「恋を何年、休んでますか?」――34年です(わたくし34歳)。…というのはオーバーですが、でも“本当”の恋はまだしたことがない気がするのです。この世のどこかに、まだ見ぬラブラブダーリンがいるはず! そんな気持ちになった、今回の映画でございます。

■第3回『マディソン郡の橋』に学ぶ、「一生に一度だけ…」の表現方法

今回ご紹介する映画のタイトルは、『マディソン郡の橋』。前回、「次回は不倫のお話」と予告しましたが、これを果たして不倫と呼ぶのかどうか…。いやまあ、やっていることは不倫なのですが、感動的な純愛の映画でございます(不倫に純愛もなにもない?)。

ワシントンからアイオワ州にやってきた、カメラマンのロバート(クリント・イーストウッド)と、アイオワ州マディソン郡に暮らす主婦・フランチェスカ(メリル・ストリープ)。フランチェスカの家族が留守にしている4日間限定で、2人は情熱的な恋に落ちます。最後の晩、「ついてきてほしい」と言うロバートに、フランチェスカは戸惑いを隠しきれません…。そんなフランチェスカに、ロバートは言います。

“I’ll only say this once. I’ve never said it before. But this kind of certainty comes just once in a lifetime.”
(一度だけ言う。初めて言う言葉だ。これは生涯に一度のたしかな愛だ。)

 

ロバートの真っ直ぐなこの台詞に、涙腺決壊…! 生涯に一度のたしかな愛、わたくしにもプリーズ…! 結局、2人は結ばれることはなかったのですが、それでも生涯、お互いを想い続け、ラストは本当に…涙なしには見られません。
 
 

さて、今回の英語のポイントは、2つ。まずは前回に引き続き、“have + 現在完了”です。‘never’は「一度もない」という意味ですが、「これまでに一度もない」というときは、“never~ before”とセットで言います。これは、まるっと覚えてしまいましょう。

もう1つのポイントは、‘come’の使い方です。“this kind of certainty comes”ですが、この場合の‘come’は、「来る」ではなく「起こる;生じる」というニュアンスです。‘happen’に近いですね。ちなみに、‘come about’も「起こる」という意味で、よく使われます。
【語彙解説:‘this kind of~’「このような種類の~」、certainty「たしかさ」、lifetime「生涯」】

<すぐに使えるつぶやき例文>
This kind of accident comes when you are careless.
(この種の事故は、不注意のときに起こる)

 

不倫はいけないこと。でも想い続ける人がいるって、素敵ですよね。それが旦那さんなら一番いいし、友だちだっていいと思うんです。だれかを想いながら、生きていきたい!

…と、すっかり、鼻息が荒いムギ子でございます~。
 

イラスト/尾崎ムギ子

 
 
(尾崎ムギ子)