Woman.excite

嫌悪感を与えてる!? 話し方のクセを改善してコミュニケーション上手へ!

気軽にコミュニケーションがとれるSNSやLINEなどは便利なツールですが、実生活での会話や人間との関わりに障害をもたらす問題点もあります。

© anyaberkut – Fotolia.com

リアルな場で上手くコミュニケーションがとれず、会話が成立しないとか、相手に嫌悪感を与えるようなクセが身についてしまう人も多いようです。

それは恋愛にも大きな影響を及ぼしており、たとえば結婚相談所の楽天オーネットが調査したデータでは、独身者の66%が「異性とのコミュニケーションが苦手」と答えています。

■コミュニケーションが成立しない理由

コミュニケーションが苦手と答える人に共通するのは、「話しが上手くない」「話題がない」「盛り上がらない」といった理由が目立ち、そもそも会話に慣れていないことが原因。

SNSやLINEとは違い、リアルな場でのコミュニケーションは目の前にいる相手との会話を成立させることが重要になるため、発する言葉一つ一つが印象につながっていきます。

話題がないとか話が上手くないという以前の問題に、相手に嫌悪感を与えるようなコミュニケーションを避けることが大前提。

ところが、顔を見ずにコミュニケーションがとれるツールに慣れてしまっている現代人は、いざ目の前の相手と直接会話するとなるとネガティブになってしまうわけです。

そうした男女が恋愛の場面においてコミュニケーションが苦手と答えるのは必然的で、まずは根本的に自分の“否コミュニケーション体質”を直すことから始めなければなりません。

そこで今回は、相手に嫌悪感を与える「話し方のクセ」についてチェックしていきましょう。思い当たる項目が多いほど、相手に嫌悪感を与えている可能性が高くなります。
 
 

■嫌悪感を与える話しかたのクセ
<話に集中できない>
会話の基本は相手と向き合い話を聞き、そして受け答えすること。けれど実際には、スマホを見ながら話を聞いたり、ほかのことをしながら話を聞いたりする人が増えています。

会話に集中できていない証拠で、コミュニケーションが成立しているとは言えません。ちゃんと相手を見ながら話したり聞いたりするのがコミュニケーションの基本ですよね。

<ネガティブな言葉に慣れている>
「でも」「だけど」「どうせ」などの否定する言葉を意味もなく乱用する人は、コミュニケーションが一方通行になりがちです。

話している相手にネガティブな印象を与えてしまい、話題が途切れてしまうきっかけになります。会話の中で否定語が目立つと、押し付けがましい印象も与えてしまいます。

<感嘆詞に慣れていない>
感嘆詞(感動詞)とは、「すごい」とか「さすがだね」といった反応を示す言葉。共感していることが相手に伝われば、それだけでコミュニケーションは成立します。

つまり、リアクションが大切なポイント。会話に対する苦手意識を克服するためには、共感する姿勢を身につける必要があるでしょう。

<すぐに話題をすり替える>
自己中心的なコミュニケーションの代表が、すぐに話をすり替える人。相手が話を切り出すと「私もなの!ちょっと聞いてよ!あのね…」といった感じで自分の話にもっていきます。

会話の7割が自分中心で、話題が変わってもまたすぐに自分の話にもっていくのを繰り返すクセ。言いたいことを話すよりも、聞き上手になるよう努力してみてはいかがでしょうか。

コミュニケーションが一方通行になりがちな人は自覚症状がないため、相手に嫌悪感を与えていることに気づいていないのもひとつの特徴。恋愛にかぎらず、職場や友人関係においても影響がでてしまうので早めに気がつきたいものです。

一つでも心当たりがあったなら、問題点を見直して改善することをおすすめします。