Woman.excite

いつから再開? 人気のデザインは? ママネイルのススメ

独身時代は定期的に通っていたネイルサロン。出産を機に遠ざかっている人も多いのではないでしょうか。ネイルを再開したいけれど、一歩踏み出せないママたちも。そこで、「ほかのママや義母から反感を買わないデザイン」や「ママがネイルを再開するタイミング」などを紹介します。

© Valua Vitaly – Fotolia.com

■ネイル再開のタイミングは?

出産後、授乳やおむつ替えなどのために多くのママがネイルをやめると聞きます。どのタイミングで再開するママが多いか調べてみました。

一番多かったのは子どもが「1歳」のときに再開したママ。主な理由は、「仕事復帰」です。1歳で産休が開けるため、仕事を再開するにあたって、ネイルサロンやヘアサロンに通うようになったという人が多くいました。

次に多かったのは「2歳」と「3歳」です。主な理由は「卒乳」と「トイレトレーニング」でした。2歳までに卒乳する子どもが多く、卒乳をひとつの区切りに考えているママが多いようです。

また、このころには大人とほぼ同じ食事が取れるようになる子どもも多く、便の状態が変化しておむつ替えの回数も減ってきます。中にはトイレトレーニングが進み、オムツが外れる子も。授乳やオムツ替えなどのお世話がひと段落することで、自分のおしゃれに目が向くようになるようです。

子どもの年齢とは関係なく、結婚式や同窓会などのイベントがきっかけとなってネイルを再開する人も多くいました。

■ママの利用者が多い? ヘアサロンのネイルサービス

最近は、ヘアサロンでネイルをする人も増えているようです。特にママは、仕事や子育てに毎日忙しい毎日を送っています。夫に子どもの世話を任せてサロンに行く人が多く、「昔はネイルサロンに通っていたけど、サロンに行く回数を少なく済ませるために、ヘアサロンでネイルをしてもらうようになった」という人も。

ヘアサロンでネイルをする場合、カラーやパーマをしている待ち時間にネイルのケアをしてもらえるので、時間を有効に使えます。専門のネイリストがいるヘアサロンも多いので、技術も高くなっているようです。

■ママに人気のデザインは?

ママに人気のネイルデザインについてネイリストに聞きました。

ママには、「爪が短くてもかわいい」「シンプル」、「伸びても目立たない」デザインが人気のようです。

昔は、爪を長くするデザインが主流だったネイルですが、最近は短いままデザインを楽しむ人が増えています。特にママは、周りのママ友や義母らの目を気にしている人も多く、シンプルなデザインを好む傾向に。

普段は、透明や薄いベージュのジェルネイルでケアし、イベントのときだけ色味をつけるという人も。また、「伸びても目立たないデザイン」をオーダーする人が多く、爪の先端部分にのみ色をつける「フレンチネイル」が人気です。

コロンとした爪の形をかわいく演出してくれるデザインや、デニム風やマットなど質感のあるデザインを楽しむママも増えています。

■今、ネイル再開するならフットネイルがオススメ

私が個人的にオススメするのは、フットネイルです。特にこれからの時期は、サンダルを履き、足を出す機会も多くなります。そんなときにフットネイルをしていると、足がグッとキレイに見えます。

フットネイルは、手の爪よりも邪魔になりませんし、爪が伸びるスピードもゆっくりなので、頻繁にお手入れができない人にもオススメ。派手なデザインにも挑戦しやすく、気分転換にもぴったりです。

女性は、少しのおしゃれでやる気が出たり、気分が良くなったりします。ママになっても、それは同じ。ママネイルは、夏の気分を何倍にも盛り上げてくれますよ。
(あまみや)