Woman.excite

美肌&小顔に近づく!? 肌本来の力を引き出す「美容鍼」のパワー

美容鍼(びようしん)は、中国で生まれた美容に対する鍼灸の治療法です。顔の血行を促進し、たるみやしわ、くすみなどにも効果があると言われています。最近ではストレス軽減や妊活にも使われている鍼治療です。

日本でも鍼灸院、エステサロンなどで美容鍼治療が取り入れられ始めています。そんな美容鍼についてお話します。

■美容、健康のための美容鍼

美容鍼は、美容を目的とした全身に行う鍼灸治療。一般的には、直接顔への鍼を行うものを呼びます。全身の鍼治療と区別し、「美顔鍼」と言われることも。

東洋医学では、皮膚は内臓の鏡、第三の脳とも呼ばれ、体の健康はもちろん、精神的な健康状態を表すものとも考えられています。鍼灸治療で心身の健康を整えると、自律神経機能の変化などが肌に出やすいことに着目したのが美容鍼です。顔も肌の一部。そのため、体調の変化が顔にも表れます。

特に女性にとって注目されるのは、美容鍼が組織や細胞、血管や神経を刺激して体の内側に働きかけて、肌内部から美しさを引き出すことです。

肌の状態アップはもちろん、体調改善、例えば肩コリ、足のむくみ、胃腸の状態改善などへの効果も期待されています。肌本来の持つ力を回復し、活性化させるのでアンチエイジングにもピッタリです。
 
 

■美容鍼で期待される効果

美容鍼で主に期待される効果は、小顔と美肌です。特に加齢による肌の悩みに応えてくれるのが美容鍼。中高年のアンチエイジングに最適です。

美容鍼には血流を促進し、肌のツボを刺激して老廃物を除去する効果があるそう。顔の余分な脂肪を落とすので、リフトアップ効果も実現します。

加齢、ストレス、紫外線など、さまざまな理由で肌はダメージを受け、コラーゲンが生成されにくくなります。そのような場合、美容鍼で肌を刺激すると、コラーゲンの生成が促進されるでしょう。美しい肌を保つには必須アイテムです。

■さっそく美容鍼を始めてみよう!

美容鍼では、皮膚の部位によって2種類の鍼(長さ3cm・太さ0.18mmと長さ1.5cm・0.14mm)を使い、顔に直接刺していきます。放置時間は血行の悪さや筋肉の硬さなどに応じて、2~10分程。ほとんどの人は、痛みは感じません。針を刺すときに少しチクリと蚊に刺されたぐらいの感触があります。

美容鍼の良いところは、体の内部から肌が美しくなろうとする力を引き出すところ。カウンセリングもあるので「最近なんとなく老けた印象になった」「顔の輪郭がぼんやりしてきた」などの悩みがある人は、相談してみるのも良いかもしれません。
 
 
(宮本燈)