Woman.excite

メイクムラにさよなら! ナチュラル系「ブラシメイク」のススメ

パウダーファンデーションの色や質感にこだわっている女性は多いと思いますが、それでは、それを肌につける際に使用するアイテムについてはいかがでしょうか?

 

(c) pressmaster – Fotolia.com

ポピュラーなのは、専用スポンジを使用する方法ですが、最近ではブラシを使ってパウダーファンデーションをつける人が増えているようです。

この「ブラシメイク」には、一体どのような特徴があるのか? 基礎とポイントを紹介します。

■ブラシメイクの特徴とは?
パウダーファンデーションをブラシでつけることの大きなメリットは、厚塗りやメイクムラを防げるということ。

パフやスポンジを使用すると、つい厚く塗りすぎてしまったり、場所によって厚さが変わったりしがちですが、ブラシなら薄づきで、しかも均一にファンデーションをつけられるのです。自然で、透明感のある肌に仕上がります。

■ファンデーションブラシの使い方&コツ
ファンデーションブラシの使い方は簡単。スキンケアと下地メイクが完了したら、パウダータイプのファンデーションをブラシに取り、ふわりと肌の上にのせるような感覚で、顔全体につけていきます。

ブラシは肌に押しつけすぎないように、顔の中心から外側へ向けて、優しく肌の上を滑らせるように動かしましょう。

このとき、ファンデーションを一度に取りすぎないようにするのがコツ。ファンデーションを一度にたくさんブラシに取ってしまうと厚塗りの原因になります。取りすぎてしまった場合は、手の甲などで軽く落としてから顔につけましょう。

また、下地をしっかり均一にしておくこともポイント。肌に伸ばしたら少し時間をおいて、下地が肌に馴染んでからパウダーファンデーションをつけると、美しく仕上がります。

■ブラシの選び方とお手入れ方法
肌に合わない素材のブラシを使用すると肌荒れにつながるため、自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。また、ブラシによって使用可能なファンデーションの種類が異なりますので、手持ちのファンデーションに合うかどうかもチェックして。

使用後はブラシを少し強めにはたいて、付着したファンデーションをできるだけ落としてから保管を。はたいただけでは不十分だと感じた場合は、ブラシをティッシュの上で滑らせると、よりパウダーを落とすことができます。ただし、強くこすりすぎると毛が傷むので、やさしくふき取るようにしましょう。

こうして使用後にしっかりパウダーを落としておけば、日々のお手入れとしては十分。しかし、どうしても臭いや汚れが気になるというときは、ぬるま湯で洗います。

ブラシの毛にしっかりとお湯を含ませ、無香料の石鹸などを使用して洗い、最後に少し熱めのお湯の中で、洗浄成分が残らないように丁寧にブラシをすすぎます。洗い終わったらブラシの毛にクシをかけ、形を整えて陰干しします。

できるだけ早く乾燥させるために、タオルなどでしっかり水気を押さえておくのがポイント。直射日光やドライヤーでの乾燥は、毛が傷む原因となりますので避けましょう。

いくらファンデーションを変えてみても、なかなか思っているような仕上がりにならない…。そんなときは、パフやスポンジからブラシに変えてみてはいかがでしょうか? リーズナブルなブラシもたくさんありますので、まずはお試し感覚で。ぜひ日々のメイクに取り入れてみましょう。
 
 
(森川ほしの)