WWO-Woman Welleness Online-

実はいいこといっぱい!ドライヤーの冷風を使わなきゃ損な理由3つ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

日本製のドライーヤーには必ずと言っていいほどついている冷風。皆さんは使うことありますか?あまり使っていない方も多いのでは?でも、それってすごく勿体ないんです!実は冷風は髪にいいことがいっぱいなんです。そこで今回は。ドライヤーの冷風を使わなきゃ損な理由3つご紹介いたします。

S__25100290

(1)セットした髪が長持ちする

髪は熱で動いて冷やすと固まります。温風で乾かしただけですとまだ髪は暖かいままです。髪を温風だけで乾かして暖かいまま寝てしまうと寝癖の原因だったり、髪が崩れる原因となってしまいます。8〜9割ほど温風で乾かし仕上げに冷風で乾かすと長持ちします。

 

(2)髪にツヤが出る

ある程度乾いた部分に冷風を当てると、キューティクルが閉まり髪にツヤが出ます。また、キューティクルが閉まることにより髪の栄養分が逃げず潤いのある髪になります。他にも最後に冷風を当てることにより交感神経が落ち着き寝つきが良くなるとも言われています。

 

(3)髪のボリュームを抑える

この時期になると多くの人が悩むボリューム。強いクセが原因のボリュームを抑えることはできませんがストレートにブローした後に冷風を当てて冷やすことにより、髪のボリュームを抑えることができます。

また、ブローが苦手な方でもボリュームを抑えたいときは、サイドやハチの部分を手で押さえまずは温風を当てた後に冷風を当てて冷します。かなりボリュームを抑えることが出来るでしょう。

 

いかがでしょうか?冷風には実はいいこといっぱいなんです!湿度が高いこの時期は特に髪が広がりやすいんです。うまく冷風を使いこなして、落ち着いてツヤのある髪を手に入れてくださいね。