Woman.excite

鼻のポツポツが気になる! 開いた毛穴の対処法

顔の中心に位置する「鼻」は、目立つパーツだけに、毛穴の角栓や黒ずみが気になりますよね。一度発生した毛穴の黒ずみ、角栓のブツブツは、悲しいことになかなか改善されません。メイクで隠すのにも限界がありますし…。

 

© WavebreakmediaMicro – Fotolia.com

そもそも、もとをたどれば、黒ずみも角栓も「毛穴開き」が原因。これをなんとかしないといけません。そこで今回は、厄介な「毛穴開き」の対処法をご紹介。毛穴を引き締めて、角栓や黒ずみともサヨナラしましょう!

■鼻の毛穴はなぜ開いてしまうのか?

毛穴開きには、いくつかの原因が考えられます。

まずは「皮脂の過剰分泌」。余分な皮脂のせいで、毛穴が広がってしまいます。また、たるみも毛穴開きの原因のひとつ。肌表面のハリが失われて皮膚全体がたるみ、それに伴って毛穴が楕円形に広がるのです。

さらに、ニキビが治癒したあと、毛穴が開いた状態からもとに戻らず、そのままになってしまうケースもあります。

■正しい洗顔で毛穴ケア

スキンケアの基本と言えば、やはり毎日の洗顔。まずは、洗顔方法を見直してみましょう。

特に、注意したいのが「洗いすぎ」です。肌には必要な皮脂や、うるおいを保つセラミド、天然保湿成分があり、過度な洗顔でそれらまで洗い流してしまうと、かえって毛穴開きにつながることも。

洗いすぎを防ぐため、きめ細かい泡になるまで洗顔料をしっかり泡立て、その泡をクッションのように使ってやさしく洗いましょう。

■たるみを撃退する方法は?

たるみをケアすることで、毛穴開きの改善につながる場合もあります。

肌のたるみを招く原因としては、紫外線や活性酸素、表情筋の衰えなどが考えられますので、それらを意識したケアを行うことは、たるみ、そして毛穴開きの改善につながります。

表情筋のトレーニングを行う、できるだけ紫外線をカットする、抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eやポリフェノール、カテキン、リコピンなどの栄養素を含む食品を積極的に摂るなど、それぞれについての対策を日常に取り入れてみましょう。

■セラミドで保湿力を高める

肌の保湿にはセラミドという成分が欠かせませんが、「セラミド配合」と書かれている化粧品であっても、その種類や配合量は商品によって異なります。

人間の細胞間脂質に含まれているセラミドに近い「天然セラミド」や「ヒト型セラミド」が良いとされています。「セラミド1」「セラミド2」のように番号が書かれているのがヒト型セラミド、「ビオセラミド」「セレブロシド」などは天然セラミドです。

■ビタミンC配合化粧品の選び方

肌をふっくらさせ、毛穴を目立たなくする効果があると言われているビタミンCも、毛穴ケアにぜひ取り入れたい美容成分。化粧品には「ビタミンC誘導体」という形で配合されています。

ビタミンC誘導体にはいろいろな種類があり、その性質は大きく水溶性と脂溶性にわけられます。近年では、親油性を付与した新しい水溶性ビタミンC誘導体「アプレシエ」が登場。肌は水と油、両方の性質を持っているので、同じく両方の性質を持つビタミンC誘導体を配合した化粧品なら、より高い浸透性が期待できます。

アプレシエの表示名称は、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」。化粧品を選ぶときはチェックしてみましょう。

化粧品選びから洗顔方法、食事など、毛穴開きを改善するためにできることはたくさんあります。一度開いてしまった毛穴が目立たなくなるまでには、時間がかかるかもしれません。しかし、放置していてはひどくなるだけ。正しい対策を講じて、ツルツルの鼻を取り戻しましょう!
(森川ほしの)