WWO-Woman Welleness Online-

プロが指南!一重の人は逆効果になる「NGアイメイク」と「正解テク」

メイクのハウツー本はたくさんあっても、「なぜだかモデルさんのように仕上がらない……」そんな経験はありませんか? 特に一重まぶたの人は、二重や奥二重の人と同じメイクをしてもなかなか上手くいかないことが多いですよね。

加えて30代以降は、流行を意識しつつも清潔感、知性を感じさせるメイクを意識したいところ。間違ったメイクをしてしまうと、「あの人のメイク、なんか変……」と、逆にマイナスイメージに繋がってしまいます。

そこで今回は、プロのヘアメイクである筆者が“一重まぶた”の人がすると逆効果になってしまうNGなアイメイクと、おすすめのテクニックについてご紹介します。

自己流メイクでは解決できなかったことも、ちょっとしたテクニックで解消でき、ぐんと洗練されたメイクに変身できますよ!

 

■一重まぶたの人がやりがちなNG「アイライン」

「目を大きく見せたいから」、「流行っているから」と、ついついアイラインを太く引いていませんか? しかしアイラインは太く引くと、逆に目が小さく見えてしまいます。

ポイントはまつげのスキ間を埋めるように細く引くこと。この時、焦って目を開けるとまぶたにラインがにじむので注意! すぐに目を開けずに、乾くまで待ちましょう。

 

■気づけば「パンダ目」でアイメイクが台無しに…

“一重まぶただからアイメイクがヨレやすい”なんてことはありません。ヨレの原因はベースメイクにあります。

フェイスパウダーで上下まぶたキワまできちんとカバーすれば、マスカラもラインもヨレにくくなりますよ。

 

■一重さんが取り入れたい「メイクテクニック」

(1)まぶた全体(アイホール)を使ってアイメイクをする

アイシャドーパレットの明るい色から順番にアイホール全体、アイホール半分位まで塗り、最後に引き締め色を目の際よりも少し上に確認できるくらいまで置きましょう。

この時、しっかりシャドウを乗せたつもりでも、意外と目を開けて見るとシャドウの色が隠れて見えなかったりするもの。そのため、目を開けて正面を見た時に、引き締め色が目のキワよりも少し上までくるようにアイホール全体を使うことがポイントです。

必ず目を開けて鏡を正面から見て、アイメイクの仕上がりをチェックしましょう。

(2)「付けまつ毛」は必須アイテム

79b71011e73c988dfeb6ac4406f25f08-20160706140552-e1467970082230

ナチュラルな目尻だけのものが流行っていますが、一重まぶたさんは全体に付けてあげることで目元の丸みが強調され奥行きが生まれます。その際、少しだけ目尻をはみ出して付けることで、目幅を横にも広げてあげましょう。

 

いかがでしたか? ちょっとしたコツやポイントでメイクの仕上がりはグッと変わってきます。一重だから……とあきらめず、取り入れられそうなところからぜひチャレンジしてみてくださいね。

【筆者略歴】

※ 古賀真知子 ・・・ メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら、美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」。

【画像】

※ Serg Zastavkin / Shutterstock

【関連記事】

一重・奥二重でもにじみにくい!プロが薦める「秀逸ペンシルアイライナー」2つ

丸顔がさらに丸くみえちゃう!小顔矯正のプロが教える「NGアイメイク」

メイクより大事!? 手抜きすると「だらしない女」認定される3パーツ

その選び方で大丈夫?美容師が教える「本当に髪にいいシャンプー」の見分け術 [PR]

また化粧直しするの?「朝のメイクがグッと長続きする」方法 [PR]