WWO-Woman Welleness Online-

キレイの秘密は意外とカンタン!? 「うるツヤ美髪をつくる」習慣とは

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

きれいで健やかな髪をキープするために、毎日欠かせないヘアケア。あなたはどんな方法で髪をケアしていますか?

乾かし方を工夫したりトリートメントしたり、いろいろやっているけれど「本当に効果的なのかわからない!」という方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

そこで今回は、Panasonicのセミナーにご登壇された美髪アドバイザーの田村マナ先生のお話をもとに、美しい髪を保つために気を付けたいことをご紹介します。

 

■キューティクルのダメージは美髪の大敵

キューティクルは髪の表面をウロコのように覆っている組織。それぞれ重なり合っていて、接着剤のような成分でくっついています。その成分が不足したり、髪内部の水分が蒸発するときに開いたキューティクルをそのままにしたりすると、ダメージを受けてしまいます。

すると、髪にツヤがなくなったり、ゴワついたり、枝毛になりやすくなったり、色が褪せてきたり……と、良いことはひとつもないのです。

しかも、キューティクルは爪と同じで、傷ついたら自己修復することありません。だからこそ、ダメージを受けないようにすること、受けてしまったダメージのケアをこまめにすることが大切です。

 

■うるツヤ美髪をつくる習慣って?

(1)ヘアにも日焼け止めを

紫外線を浴びることで毛髪内に活性酸素が発生し、髪内部の水分が蒸発します。そのときにキューティクルが開いて、ダメージの原因になるのです。外出するときは、スプレータイプの日焼け止め剤を髪にもまんべんなくふりかけることをオススメします。

もちろん、トリートメントでのアフターケアも忘れずに行いましょう。

 

(2)「カラー・パーマ」をしたら必ずトリートメント

カラーやパーマの薬剤を浸透させるときに、キューティクルを接着する成分が無くなってしまいます。そのため、カラーやパーマをしたあとはトリートメントを必ず塗布しましょう。キューティクルを接着する役割を果たしてくれますよ。

美容院で施術するときはほぼ必ずトリートメントしてくれますよね。同様にセルフカラーをしたときも、忘れずにトリートメントでアフターケアをし、ダメージを最小限に抑えましょう。

 

(3)安物はNG!ブラシにもこだわって

髪型を整えたり、ボリュームを抑えたりするのに必要なブラッシングですが、安いナイロン製のブラシを使っているとキューティクルがダメージを受けてしまうそう。

ナイロン製のブラシを使っている人は、すぐ動物毛のブラシに買い替えましょう。

動物の天然毛ブラシはナイロン製よりもずっと髪に優しく、髪の毛1本1本に吸着してキメを整えてくれます。ブラシは毎日のケアに使うものだからこそ、こだわりたいですよね。

 

(4)寝ている間の「摩擦」に注意

少しの摩擦でも髪のダメージの原因になってしまいます。

寝返りをするときに枕や寝具にこすれてしまうだけでもダメージになるので、髪の長い人は枕の上などに流しておくと良いでしょう。

 

(5)「熱」を加えるのは3秒まで

日常的に使うドライヤーやアイロンですが、それらの熱でもキューティクルはダメージを受けてしまいます。

150℃の熱を3秒以上加えるとダメージになるので、クセつけるときなど同じ場所に熱を加えるときは“3秒まで”と覚えておきましょう。

 

今回のセミナーで紹介された新しいPanasonicのドライヤーは“髪を美しくするために開発された”そう。キューティクルを引き締める独自の技術を搭載し、乾かすだけでツヤ美髪をキープしてくれますよ。

キューティクルは1度傷つくと自己修復されません。毎日のケアを忘れずに美しい髪を保ってくださいね!

WWO編集部

【参考】

Panasonic Beauty 

【画像】

※ Svitlana Sokolova / shutterstock

【関連記事】

※ 今スグやめて!みるみる「抜け毛が増える」NGヘアケア法3つ

※ 【人気美容師が伝授】ヘアカラーを長持ちさせるための簡単な方法3つ

※ 頑張ってるけどキマらない…美容師が教える「間違いヘアケア」って?

※ ポッコリおなかにはコレ!内臓脂肪対策の注目成分「ラクトフェリン」とは [PR]

※ また化粧直しするの?「朝のメイクがグッと長続きする」方法 [PR]