WWO-Woman Welleness Online-

プロが指南!「ぱっちり二重の人がケバくなる」NGメイクと正解テク

多くの方が憧れるぱっちり二重のあなた、もっと目ヂカラを出そうとあれもこれも盛り込んで、気付けばやり過ぎ感のあるイマイチなメイクになっていませんか?

実は、一重よりももともとはっきりしている二重の目元の方のほうが、アイメイクの足し算が難しいのです。ぱっちり二重でもナチュラル過ぎずに上品にアイメイクをするには、“引く”ことが大切! そうすれば写真のように、ぱっちり二重を魅力的にみせることができます。

そこで今回は、プロのヘアメイクで年間1,000人以上もの女性を美しく変身させている筆者が、ぱっちり二重をケバく見せずにエレガントに仕上げるアイメイクテクニックをご紹介しましょう。

 

■まぶた全体の重めカラーはNG

もともと強い印象があるぱっちり二重は、ちょっと足すだけでもキツく見えがちです。

ハイライトカラーをまぶた全体に置いてくすみを飛ばしたら、セカンドカラーからのアイシャドーは、目の中心から目尻側のアイホールを使ってグラデーションを作っていくのが魅力的に仕上げるコツです。

 

■引き締めカラーは、細く目頭から入れる

アイラインや目のキワの引き締めカラーは細く目頭から目尻側まで入れ、目尻側だけセカンドカラーからのグラデーションに馴染むように少し幅を広めに入れて指でぼかしましょう。

 

いかがでしょうか? ぱっちり二重は上への目幅はすでにあるので、横に目を大きくみせるイメージでアイメイクをすることがポイントです。上手にアイメイクの足し引きをして、素敵な目元を楽しんでくださいね。

古賀真知子 ・・・ メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら、美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」。

【関連記事】

逆効果だった!実は「目を小さく見せてしまう」残念アイメイク3つ

丸顔がさらに丸くみえちゃう!小顔矯正のプロが教える「NGアイメイク」

メイクより大事!? 手抜きすると「だらしない女」認定される3パーツ

その選び方で大丈夫?美容師が教える「本当に髪にいいシャンプー」の見分け術 [PR]

また化粧直しするの?「朝のメイクがグッと長続きする」方法 [PR]