Woman.excite

ヘチマ、ラベンダー、レモンで心地よく。夏の“鎮める”スキンケア【植物のおまもり Vol.7】

思わず目がくらむほどの、強烈な日差し。この時季いちばん気になるのは、なんといっても紫外線ダメージのケアですよね。

日焼け止めに頼りすぎず、それでいて澄んだ肌と元気な体をキープするには、植物のおまもりとともに「スピード」と「リセット」がケアの重要なカギとなります。

■その日のダメージは、その日のうちにリセットする
みなさんもご存じのとおり、長時間強い紫外線を浴びることはシミ・くすみに留まらず、疲労やストレスを増し、体全体の老化を加速するモト。

海辺でサングラスをかけ麦わら帽子をかぶる女性

(c) sepy – Fotolia.com

そうはいっても、1日に何度も日焼け止めを塗り直すのは大変ですし、そればかりに気を取られてもいられません。そもそも、できれば日焼け止めは塗りたくない。

そんな私が実践しているのは、ミネラルパウダー、帽子、サングラスである程度紫外線をガードしつつ、外出から帰ってすぐに行う3つのケアです。

■冷水洗顔やローションパックで肌を冷やす
紫外線によるダメージは肌の炎症、いわば軽いやけどです。

それを放置することでシミやシワができやすくなるわけですから、日差しをたくさん浴びた日は何はともあれ肌を冷やし、炎症を鎮めてあげることが肝心。

メイクはそのままでもいいので、肌がひんやりするまで冷水でバシャバシャと顔を洗います。時間と手間に余裕があれば、冷蔵庫で冷やしておいた化粧水でローションパックをするとより効果的。

ローションパックには、ロングセラーの「Lar ネオナチュラル ヒーリングローション」がおすすめです。

ボトル入りのローションとコットン

ローションパックにぴったりの、みずみずしい化粧水「Lar ネオナチュラル ヒーリングローション 」。夏は冷蔵庫に常備して、惜しみなく使いたい。120mL ¥2,950

一滴の水も使わず、昔から日焼け後の肌のケアに使われてきたというヘチマ水を主成分に、月桃やローズマリー、ダマスクローズ、桃の葉など肌が喜ぶ植物成分がたっぷり。爽やかな月桃の香りが、気分もリフレッシュしてくれます。

■日焼け肌の救世主、ラベンダーの精油をつける
皮膚の再生作用に優れ、やけどや切り傷をきれいに治すことで知られるラベンダー。とくにフランス産「真正ラベンダー」の精油は、日焼け肌のケアには数ある植物成分の中でもトップクラスといわれます。

ラベンダーオイルを容器に垂らす

フランスではドクターの御用達メーカーであるモンサンミッシェル。「真正ラベンダー」もしくは学名に「Lavandula angustifolia」とあるものを選んで。5mL ¥1,899

肌を冷やした後、ホホバやカレンデュラのキャリアオイル、もしくはふだん使いのオイルやクリームに一滴垂らし、顔と首にまんべんなく塗り広げます。

最後に手のひらを軽く押し当て、体温で浸透を高めて効果をアップ。夜のスキンケアの時でもOKです。

はちみつレモンでビタミンCを補給する
外からのケアを終えたら、シミと肌の老化予防、疲労回復に効果テキメンのビタミンCで、体の内側からダメージをケア。

手軽でおいしく、続けやすいことが大切なので、手づくりのはちみつレモンを冷蔵庫に常備する方法をおすすめします。

瓶詰めの蜂蜜とレモン
無農薬レモンを薄切りにし、1日以上はちみつに漬け込むだけと簡単ですし、果皮や内果皮(白い部分)に含まれる有効成分、はちみつの豊富な栄養成分もあわせて摂取できるのでとてもおトクです。そのまま食べるほか、レモネードにしても◎。

■夏を思いきり、気持ちよく楽しむために
どれも身近で簡単、すぐにできることだけど、合わせることで大きな効果を発揮してくれる3つのケア。

放置すると怖い日焼けも、こんな方法でその日のうちにケアをすれば、ダメージを最小限に抑えることが可能なのです。

さらに日常の習慣としてニンジン、トマトなど抗酸化成分豊富な野菜を積極的に食べる、何かしらのタンパク質を毎食摂る、22時から2時のゴールデンタイムに眠るようにする、この3つを加えれば鬼に金棒!

開放感あふれる夏を思いきり、気持ちよく楽しむために、無理のないケアで紫外線と上手に付き合い、元気ときれいをキープしていきましょう。

問い合わせ:
・ネオナチュラル http://www.neo-natural.com/
・モンサンミッシェル http://www.aromastore.jp
 
 
(神津まり江)