Woman.excite

梅、バジル、高麗人参で喝! 暑さをパワーに変える真夏のインナーケア【植物のおまもり Vol.8】

暑いというだけで、何もしなくても体力を奪われてしまう夏。体調もコントロールしづらくて、苦手に感じている方も多いでしょう。今回は、心身ともにダメージの大きい夏をイキイキと、美しく乗り切るための「植物のおまもり」をご紹介します。

■まずはツボを押さえた養生で基礎体力をアップ
夏はすべての生命が血気盛んに躍動する季節。人も同じで、体を動かして気をめぐらせ、汗をかいて熱を発散させるのが本来の健やかな過ごし方です。

体力に余剰があれば暑さを気持ちよく感じられ、パワーに変えられるのだけど、そうでない人は逆に体力を奪われて、つらい季節になってしまいます。

麦わら帽子をかぶりサングラスをかけた女性が屋外に座っている

(c) EpicStockMedia – Fotolia.com

そうならないために、まずは日中の強すぎる日差しを避け、身にまとうものを調節して冷房との温度差を回避。食欲がなくても冷たい飲みものや麺類に偏りすぎず、心地よく眠れる環境を整えて。

そんな体力を養う暮らしにプラスして、上手に生かしたい植物のおまもりはこの3つです。

■たっぷりのクエン酸とミネラルなどを含む「梅」
梅干し、梅酢、梅肉エキスに梅ジュース、もちろん時には梅酒でも。暑さでぐったり、そんな時にひと粒の梅干しや一杯の梅ジュースを飲むと、疲労感がすっきりと洗い流され、体は軽く、表情も自然と明るくやわらぎます。
手作りの梅シロップ

1ヶ月半かけて有効成分をてんさい糖で抽出した梅シロップは、この夏の楽しみ。ミネラルウォーターやペリエで割っていただきます。

これは細胞がエネルギーを作り出すサイクルを、梅の成分が活性してくれるため。失われがちなミネラルを補給し、胃腸の働きを整える作用もあって、むくみや食欲対策にも効果的です。

お好みの梅製品を常備して、毎日少しずつ。夏バテ予防に役立ててみてください。
「アムリターラフーズ」の梅肉エキス

自然栽培、在来種の青梅のパワーがギュギュッと凝縮した「アムリターラフーズ」の梅肉エキス。酸味がきつい方はお湯に溶き、ハチミツを適量加えて飲んでみて。50g ¥5,400(8月24日から15g ¥1,620も限定発売)

■強壮作用で無気力と食欲不振に効く「バジル」
バジルの強壮作用は全身に働きかけてくれますが、とくに神経系への作用に期待。「猛暑日が続いて体がだるい」「頭がもやもやしてやる気が出ない」そんな時、ぜひ積極的に摂ってみてほしいハーブです。

私は暑くなると無性にバジルが恋しくなり、カプレーゼやガパオライスに野菜感覚でたっぷり使っていただいています。

バジルをたっぷり使ったカプレーゼ
きっと夏バテしないよう、体が自然に欲してくれているんですね。ほんのり甘さのある清涼な香りは食欲を刺激し、細胞に活力が蘇るよう。

■いざという時のレスキュー「高麗人参」「シベリアンジンセン」
胃腸が弱って食欲がなく、寝苦しい夜が続いて疲れの回復が追いつかない…夏バテもそこまできたら、体を一度立て直さないといけません。

そんな時、力強くサポートしてくれるのがこの2つ。どちらもストレスへの耐性と、体のすべての機能を高める作用は共通していて、シベリアンジンセンはより肉体的な疲労に対し、高麗人参はより精神的なストレスに対して力を発揮、そしてより女性向きと言われます。

「正官庄」の紅参抽出液

いま常備しているのは「正官庄」の紅参抽出液。手軽に摂れるパウチタイプがお気に入り。ほかに濃縮エキス、お茶、ドリンクタイプも。50ml×10包 ¥6,210

ただし作用が頼もしい分、長期間飲み続けるには不向きなので、様子を見ながら2週間ほど摂ってみて、続ける場合は2週間休んでまた2週間飲む、というペースで、体に余分な負担がかからないよう留意してくださいね。

備えておくだけで安心できるほど頼もしい、まさにおまもり的な存在です。

■夏を元気に過ごせれば、季節の変わり目と冬の寒さも楽になる
夏を楽しみ、のびやかに過ごすことは、季節の変わり目にゆらぎにくく、冬の寒さに負けない体作りにも繋がること。そう心得て、暑さと上手に付き合っていきましょう。

問い合わせ:
・アムリターラ http://www.amritara.com/amritarafoods
・正官庄 http://kgcshop.jp
 
 
(神津まり江)