WWO-Woman Welleness Online-

ヒップアップは姿勢から!プリ尻を手に入れる「美姿勢キープ」のコツ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

見た目年齢を老けさせるのは、後ろ姿の崩れです。特にヒップラインは、年齢だけでなく筋力の衰えやたるみから歩き方や立ち姿勢が悪くなり、崩れていきます。

後ろ姿を見ていると、20代前半の女性であっても「将来間違いなくタレ尻になる!」と断言できる残念な方が沢山いらっしゃいます。

そこで今回はヨガインストラクターの筆者が、プリッと上がったお尻を作る方法をご紹介します。

 

■体の背面を意識して過ごす

正しく美しい姿勢を作ろうとするとき、体の前面ばかりを意識していませんか? 実は姿勢を保つ大切な筋肉は体の背面にあります。

特にお尻は腰の衝撃を守るクッションの役割をしているだけでなく、骨盤を正しい位置に整える大事な部分です。

しかし、お尻の筋肉を意識して立っている人は滅多に見かけません。お尻を意識するだけで腹筋周りの筋肉も使えるようになり、骨盤が安定してまっすぐな位置に定着します。

これがスタイルアップの秘訣であり、プリ尻を育てる条件です。

 

■プリ尻を作る美姿勢の作り方

(1)両足を揃え、お腹の奥を伸ばしてまっすぐに立ちます。

(3)両足の付け根を外旋させてお尻全体を引き締めます。このとき、下腹部に力が入って、横から姿を見たときに腰がまっすぐになったか確かめましょう。

マナヨガ2

 

マナヨガ3

※横から見たときに腰がまっすぐ立ち、肩、ひじ、腰、くるぶしのラインが縦に一本に並ぶよう意識してみましょう。

(4)そのままの姿勢をキープして、会陰を下腹部に向かって引き上げていきます。

(5)会陰を引き上げ続けたまま、お尻に入れていた力を少しゆるめます。力を入れすぎると女性らしい柔らかい丸みが潰れてしまいますので、気を付けて。

会陰を引き締めると、骨盤底筋がインナーマッスルと連動して働き、骨盤の位置を整えてくれます。

骨盤の位置が正しく安定し、お尻を意識して立っていれば、お尻は怠けることなくヒップラインを保つことができます。

 

後ろ姿がゆるんで見える女性はだらしなく見えてしまいます。美しさが最も現れるのは背面です。前面ばかりを着飾ったところで意味がありません。

お尻のたるみは一気に見た目年齢を引き上げます。美姿勢を意識して、どこから見ても美しいヒップラインを作ってエイジレスな体を目指しましょう!

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ katalinks / shutterstock

【関連記事】

1日5分で下半身が変わる!「ヒップアップ」体操3パターン

2ステップで見違える!「たるみヒップ」を引き上げる簡単ストレッチ

【おうちで簡単♥】1日5分の「ほっそり美脚&ヒップアップ」ヨガポーズ

 

ラクトフェリン

adidasバナー0908 (1)