WWO-Woman Welleness Online-

寝る前3分!「ふくらはぎがキュッと引き締まる」簡単ポーズ

tamayoさんふくらはぎ①

筋肉の周りにお肉がまとわりついたふくらはぎ。どうやったら痩せるのか悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

そこで今回はヨガインストラクターの筆者が、ふくらはぎ痩せに効果的な“鷺(さぎ)のポーズ”をご紹介します。

今回のポーズはふくらはぎ痩せだけでなく、脚全体のストレッチにもなりますし美脚効果も期待できます。

“第二の心臓”とも言われるふくらはぎ。固くなってしまうと身体全体の代謝も落ちると言われています。鷺のポーズで足首、ふくらはぎ、ひざ裏、もも裏をしっかり伸ばし、むくみも解消し、引き締まった綺麗な足を手に入れましょう。

■クラウンチャ・アサナ(鷺のポーズ)
 tamayoさんふくらはぎ①

■クラウンチャ・アサナ(鷺のポーズ)修正バージョン

tamayoさんふくらはぎ②
(1)長座の姿勢で座り、右足の裏を両手でつかみます。そして息を吸いながら足を床からゆっくり上げていきましょう。

このとき、手が足の裏に届かなかったり、ひざが曲がってしまう場合は、タオルなどを使って足の高さを調節しましょう。

(2)背筋はできるだけ伸ばし、右足が中心軸からずれないようにします。このときに足の親指の付け根を押し出すように意識することで、足の内側の筋肉が使われます。

(3)このポジションで30秒~1分くらいキープします。

(4)息を吐きながら上げた足をおろしましょう。

(5)反対側の足も同じように行います。

普段使われない足の内側の筋肉を使うことにより、ふくらはぎの外側の筋肉が発達してしまった“ししゃも足”の改善にもつながります。

普段立つときも、親指の付け根を踏みしめるように立つことを意識しましょう。立っているときはほとんどの方の重心が小指側にあり、それがO脚の原因にもなります。

 

いかがでしたか? 1日3分、寝る前にこのポーズをとることを習慣化して、細くて綺麗なふくらはぎを手に入れましょう。

【筆者略歴】

tamayo ・・・ サロンアーリア代表/全米ヨガアライアンス認定インストラクター/KAATSUJAPAN認定加圧インストラクター/整体師&リフレクソロジスストカレッジボディメンテナンス修了/プリネイタルヨガ養成コース修了

【画像】

※ Oleg_P / shutterstock

【関連記事】

ムッチリふくらはぎが、みるみるスラリ!プロが教える「セルフマッサージ」

むくみ女子卒業!「怠けふくらはぎ」を目覚めさせるストレッチ♡

みるみる美脚に!プロが教える「痩せる歩き方」のコツ

※ 顔汗ダラダラは無理!一瞬で「夏の恋が冷める」女のNG特徴3つ [PR]

※ ポッコリおなかにはコレ!内臓脂肪対策の注目成分「ラクトフェリン」とは [PR]