WWO-Woman Welleness Online-

秋モードへのシフトは髪からが正解!「2016秋オススメヘアカラー」

8月も後半になり、明るく軽やかな夏色ファッションから、シックさが魅力の秋色ファッションへと徐々に移行をはじめた人もいらっしゃるでしょう。

だけどテイストの違う夏カラーから秋カラーへ、突然服を変えても見慣れないせいか、なんだかしっくりこないと感じたりしますよね。そんなときには、まず髪色を秋の色にすることで、まだまだ暑い中でも自然な秋感を出しながら、秋服へも無理なくシフトしていくことができますよ。

そして2016秋ヘアカラーの流行は、寒色なら深みと柔らかさがあり大人クールに決まる“ネイビーアッシュ系”、暖色ならやや赤味と艶感のあるチョコレートのような“ショコラブラウン系”です。

今回は美容師である筆者が、スタイルと共にオススメのヘアカラーをご紹介します。

 

■寒色系はハイライトで動きも演出

(1)ネイビーアッシュにハイライト

“大人感漂うネイビーアッシュ”に、ハイライトで柔らかさと凹凸感をプラス。ボブの落ち着いたスタイルでも軽やかさが出ます。

細かくいれたり、大きく入れたりスタイルのバランスに合わせてハイライトを施すのが基本です。

 

(2)ネイビーマットアッシュ

“クール感ばっちりネイビーマットアッシュ”で秋色は完璧です。

柔らかく見えるマット系はどんな長さにもハマります。

 

■暖色系でまろやかな艶に

(1)スウィートショコラブラウン

“まろやかスウィートショコラブラウン”は、巻いたり動かしたりするヘアスタイルにオススメです。

(2)ビターチョコブラウン

“艶やかビターチョコブラウン”の艶感はこの秋の一押しです。

 

いかがでしたか? 寒色も暖色も様々な意図があり、似合うカラーも人それぞれです。なので、「こんなカラーがいいな」と思った方は、まず一度美容師さんに相談してみて下さい。きっとあなただけにあう秋色が見つかるはずですよ。

【筆者略歴】

板橋充・・・美容師。SENDAI中央理容美容専門学校を卒業後、都内1店舗を経てCLASICO入社。現在、サロン代表兼ディレクターを務める。様々な講習活動やアーティストやモデルなどのヘアメイクも数多く手掛け、一般誌・業界誌・WEBへのヘアスタイル記載も多数。ブログインスタグラムなどでも情報を発信しており、多方面で活躍中。メインのサロンワークでは、5秒でするべき髪型がわかるという独自のカット理論には定評があり、ファンも多い。

【関連記事】

実は逆効果だった!? 意外と知らない「トリートメント」の正しい使い方

キレイの秘密は意外とカンタン!? 「うるツヤ美髪をつくる」習慣とは

【人気美容師が伝授】ヘアカラーを長持ちさせるための簡単な方法3つ

顔汗ダラダラは無理!一瞬で「夏の恋が冷める」女のNG特徴3つ[PR]

※ 白髪・抜け毛の原因!? 「ガチガチ頭皮」をケアする2つのポイント [PR]