WWO-Woman Welleness Online-

そういうことか…!相性のよい「年下男子」の見つけ方&攻略法

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

またしても芸能界では、はるな愛さんの21歳差男性との交際宣言がありましたね! 芸能界だけではなく、一般社会でも年下男子と恋する女性が続々増えています。もはや、ブームを越えそうな勢いですね。

しかし年下男子といっても、個性は千差万別。「わたしにはいったい、どんなタイプが合うの?」と迷ってしまう女性もいるのではないでしょうか。

そこで自らも16歳年下の夫を持ち、年下男子との恋愛相談に定評がある“女のしあわせ研究家”の筆者が、女性のタイプ別に、相性がよい年下男子の特徴と攻略法をご紹介します!

 

■1:キャリアを貫きたい女性 × フォロー上手で優しい年下男子

バリバリ活躍するキャリア女性には、一見同じように野心的な男性の方が上手くいくようですが、お互いのプライドがぶつかってしまい、かえって疲れてしまうかもしれません。

プライベートのパートナーにはアナタのキャリアを尊重し、本当は繊細なアナタを察して話を聞いてくれたり、料理を作ってくれたりする“フォロー上手な年下男子”はいかがでしょうか?

優しい彼に好かれるためには、二人きりの時に普段は見せない“女のか弱さ”をチラ見せするとイイのです。「こんなこと、アナタにしか話せない……」と言ったなら、きっと彼は「ボクが支えてあげたい……!」と思ってくれるはずです。

 

■2:“美魔女”候補の女性 × クレバー系年下男子 or 肉体派の年下男子

頭の回転が速い知的な“クレバー系男子”と、カラダを鍛えることが大好きな“肉体派男子”は真逆のタイプのように感じますが、実は共通点があります。それは、“女性の見た目に高い理想を持っている人が多い”ということ。

ですので、「わたし、アラフォーを過ぎたら美魔女かも……」という“美意識高め”な女性には、どちらかのタイプがぴったりなのです。ましてカレが年下となれば、老けるわけにはいきません。カレの若さに刺激され、ますます“年齢不詳な美しさ”が身につくでしょう。

自分に対してもナルシストなカレと仲よくなるためには、特技を教えてもらうのが一番。「スマホのこの機能の使い方を教えてくれる?」「トレーニング法を教えて!」など、個人授業のお願いをしてみましょう。授業中は、「○○くんってスゴいのね!」の一言を忘れずに。

 

■3:母性本能強めの女性 × 仕事で成功したい年下男子

母性本能が強めで“育てるのが好きな女性”には、成長意欲旺盛で「将来、仕事で成功したい!」と目標を持っている年下男子がぴったりです。恋愛と子育てを一人の男性で一度に叶えるような満足感があるでしょう。

でも、母性本能が強いからといって“過保護ママ”になってはいけません。将来カレを成功に導くため、小さな失敗は見守るぐらいの器を持ちたいですね。

目標が高い彼のハートを掴むには彼の夢を聞き、肯定してあげる機会をたくさん作ることが大切。時折、年上の女性として絶妙なアドバイスが出来れば最高ですね。きっと彼は、アナタをずっとそばに置いておきたくなるでしょう。

 

■4:ナチュラル志向の女性 × ナチュラル志向の年下男子

オーガニックやスローフードなどナチュラル志向のブームは、健康に関心がある女性たちから広まりました。でも、最近の若い男性の中には、自主的に食や使うものにこだわりを持ち、自然派のライフスタイルを目指す人も増えています。

自然派のカレとカップルになるためには価値観を共有できるデートや、情報交換を重ねましょう。ハイキングにオーガニックフードのお弁当を持参……なんて、カレの方がハマりそうですね。

また、年下男子は柔軟性が高いという魅力もあります。今はこだわりはないカレでも、アナタの影響でライフスタイルが変わる可能性もありますよ。

 

いかがでしたか? アナタと好相性なのは、どんなタイプの年下男子でしょうか。男性が年下だからこそ、相性があっていることが大切だと筆者は考えます。アナタもぴったりの個性のカレを見つけて、幸せになって下さいね!

【筆者略歴】

珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ Diana Indiana / Shutterstock

【関連記事】

これもダメなの…!? 「年下男子」と上手くいかなくなるNG行動

「年下男子」のプライドがズタボロ…!やってはいけないNG行動3つ

カワイイからって要注意!「付き合ってはイケない年下男子」の特徴

顔汗ダラダラは無理!一瞬で「夏の恋が冷める」女のNG特徴3つ【PR】

自分に妥協したくないなら「美しい脚をつくる」ランシューズを【PR】

ポッコリおなかにはコレ!内臓脂肪対策の注目成分「ラクトフェリン」とは【PR】