WWO-Woman Welleness Online-

タバコ以外にも!今すぐやめたい「顔のくすみ」を招くNG習慣

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

特に夕方になると気になる顔の“くすみ”。くすみがあるだけで4、5歳ほど老けた印象を与えてしまうといわれています。

くすみの原因は様々ですが、ニコチンや一酸化炭素により血行不良を招くタバコは、くすみの大きな原因のひとつ。血中のビタミンCの量は、喫煙者と非喫煙者とでは約半分ほどともいわれていて、くすみだけでなく、しみやしわの原因にも繋がります。

しかし喫煙しない人も油断してはいけません。タバコを吸うことと同等、時にはそれ以上にくすみに繋がってしまう生活習慣があるんです。今回はエステティシャンの筆者が、そんな“くすみを招いてしまうNG生活習慣”についてお伝えいたします。

 

■肌に負担をかけるスキンケア

夕方になるにつれてくすみが増すことが多い人は、自分にあったスキンケアができていない可能性があります。

肌が乾燥していると、場所によっては皮脂が多く分泌され、夕方に向けてその皮脂が酸化しくすんで見えたり、皮脂が出にくい部分は毛穴がゴワゴワし、そこが光の影となりどんより見えます。

そのほかにも、くすみを招いてしまうNGなスキンケアの習慣がこちらです。

(1)顔を洗うお湯の温度が高い

(2)メイク落としが疎か

(3)いつもオイルクレンジングを使用している

(4)化粧水やクリームなどが肌に浸透する前にメイクを行う

(5)使用する化粧水やクリームの量が不足している

(6)食事の栄養に偏りがある

これらに当てはまる人は、肌がSOSを出しているくすみといえます。

 

■寝不足続きで、身体をケアできていない

夜更かししてしまった翌朝は、目の周りを中心に顔全体がくすんで見えます。

寝不足による血行不良だけでなく、時間がないことによって湯船に浸からずシャワーだけにしてしまうことなども代謝が悪くなることに繋がり、くすみを招く原因となります。

(1)寝不足

(2)シャワーのみで湯船につからない

(3)大きなストレスを抱えている

(4)肩こりや身体のこりがひどい、身体がかたい

これらに当てはまる人は身体をリフレッシュする日をつくったり、蒸しタオルを使って、血行を促進することで改善されやすくなります。

 

■女性に多い、冷えやむくみ

くすみは顔だけのように思われがちですが、くすみやすい人は実は身体もくすんでいます。

くすみとは、簡単にいえば“血行不良”です。常に冷えを感じていたり、むくみが気になる人は、血液循環があまり上手に行われておらず、代謝が下がりやすい身体になっているといえます。

(1)お酒が大好き

(2)運動が好きではない、運動をしない

(3)便秘になりやすい

これらに当てはまる人は、まずは食事や飲酒の量、運動といった規則的な生活習慣を見直してみましょう。

 

いかがでしたか? 上記の生活習慣を見直すことに加え、特に夏の終わりには古くなった角質を除去し、栄養をたっぷりと与えてあげるスキンケアを行ってください。

それらのケアに加えて、自分にあった正しい生活習慣を身につけ、くすみレスな素肌を目指しましょう!

 【筆者略歴】

山田みき ・・・ エステティシャン・美容師。自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。NHKにてエステ指導や雑誌掲載多数。エステ・ヘアメイク・着付け各種コンテスト優勝及び上位入賞の経験をもつ。

【画像】

※ Alliance / Shutterstock

【関連記事】

どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

夜の「10分ケア」で翌朝の肌がかわる!プロが教える正解スキンケア

つければOKってワケじゃない!プロが実践する「マイナススキンケア」って

白髪・抜け毛の原因!? 「ガチガチ頭皮」をケアする2つのポイント[PR]

※ 顔汗ダラダラは無理!一瞬で「夏の恋が冷める」女のNG特徴3つ [PR]

自分に妥協したくないなら「美しい脚をつくる」ランシューズを[PR]