WWO-Woman Welleness Online-

プロは絶対やらない!「汚肌リスクが高まる」洗顔ブラシのNG使用法

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

いま注目されているスキンケアグッズのひとつが“洗顔ブラシ”。毛穴の汚れをすっきり落としてくれるイメージがありますが、使い方ひとつで肌のコンディションを左右しかねません。間違った使い方をするとお肌をボロボロにしてしまうことも……。

そこで今回はコスメコンシェルジュであり、美肌研究家の筆者が、お肌を傷つけてしまう洗顔ブラシのNG使用法をご紹介します。

 

■1:泡立て不足はNG

洗顔ブラシを使用する際に洗顔フォームをしっかり泡立てて使用していますか? 弾力のあるキメ細かい泡を作らないと、ブラシがお肌に直接触れてしまって刺激を与えてしまうことに。キメ細かい泡をお肌にまんべんなく泡を広げるイメージで使用しましょう。

 

■2:ゴシゴシこすり洗いはNG

毛穴汚れをぜんぶ落としたい、マッサージ効果も得たい……。そんな思いで、ゴシゴシこすっている人は要注意です。高い効果をもとめて強い刺激を与え続けると、かえって肌にダメージを与えてしまいます。

肌にブラシを押し付けることなく、ブラシとお肌の間にクッションとして泡を挟み込み、泡をブラシでくるくると広げる優しい洗顔をしましょう。

 

■3:洗顔ブラシが不潔な状態はNG

メイクブラシもアイシャドウチップもそうですが、お肌に直接触れるものは常に清潔にしていないと肌トラブルの原因に。洗顔ブラシの使用後はしっかり洗い、風通しのいい場所で乾燥させしましょう。

 

いかがでしたか? 美肌研究家の筆者は摩擦による刺激を避けるために、洗顔はご自身の手で優しく包み込むように洗うことが一番だと考えています。

しかし、洗顔ブラシはまんべんなく洗顔することができるなどメリットもあります。スキンケアアイテムを正しく使用することは、美肌を保つ秘訣なのでぜひ参考にしてみてください。

【筆者略歴】

杉本 由美 ・・・ 手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。アンチエイジングや、シーンに合わせた美肌メイクなどで、女性としての魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられるHappyな美肌Lifeを送る。

【画像】

※ Anna Omelchenko / shutterstock

【関連記事】

※ プロは毎日やってる!「肌の再生力をアップさせる」洗顔法

※ どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

ポッコリおなかにはコレ!内臓脂肪対策の注目成分「ラクトフェリン」とは [PR]

※ 自分に妥協したくないなら「美しい脚をつくる」ランシューズを [PR]

【こちらもチェック!】

【人気連載】大人だからこそ知りたい“ベースメイクの教科書”

【特集】効果がないと思ってる?プロに聞くオーガニックコスメの基礎知識