WWO-Woman Welleness Online-

プロが伝授!旅行先でも「モテ顔をキープする」メイクの極意って

catch

待ち遠しいシルバーウィークまであと少し。連休を使って旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、メイク道具をどこまで持っていくのか、旅先でのメイクは悩みどころですよね。

今回は、メイクアップアーティストとして日本とニューヨークを拠点に活動する筆者が、滞在先に荷物を軽く、そして長くキープできるメイクのコツをご紹介します。

 

■洗練女性は道具をコンパクトにまとめる

旅行中、意外とかさばりがちなメイク道具。いかにもギッシリなメイク道具をそのまま持っていくのはご法度です。コンパクトにまとめるポイントは、 次の3つ。

・多用使いできるもの

・日中崩れづらいもの

・サイズの小さいもの

そして、普段のメイクより少しライトにしてオフモード感を出してあげると、彼をギャップでドキッとさせられるかもしれません。

 

■ファンデはBBクリーム

BBクリームは、普段から使っている方も多いはず。かさばらずに美容液、UV、下地、ファンデ等が一緒になっているBBクリームは旅行にピッタリです。クリームファンデのようないかにも“つくられた肌”になるテクスチャーより、BBクリームのようなナチュラルで素肌感のあるベースつくりがいいですね。

筆者のオススメは、キュレルのBBクリームです。

bbcream

 

■マスカラはにじみづらい&コームタイプがオススメ

旅行を100%楽しむために、日中の化粧直しは最小限に抑えたいもの。マスカラはにじみづらいものを持っていきましょう。

また、コームタイプを選ぶこともポイントです。根元からしっかりまつ毛とまつ毛の間を埋めてあげるとライン代わりにもなります。通常のブラシよりコームタイプの方が根元にライン状に入れられますよ。

ブランドはマジョリカマジョルカがオススメです。

 

■持ち運びにも便利なティントチークアンドリップをチョイス

IMG_2518-20160909074734-300x213

チークとリップは併用できて、自然な血色を演出できるティントタイプがオススメ。パウダーチークよりナチュラルに自然な高揚感のある頬、いかにも口紅という感じが出ず、自然な口元の明るさをつくることができます。

チークとリップの両方を持っていかずにすむので持ち運びにも便利ですよ。

筆者のオススメは、アディクション、RMS beautyのアイテムです。

 

■旅行にクレンジング綿棒はマスト

メイクアップリムーバーがしみ込んでいるタイプの綿棒も旅行には必需品。旅先で簡単にメイク崩れを解消してくれ、持ち運びも便利です。クレンジングだけでなくリップが入ってるものもあるので、こちらもぜひお試しあれ!

筆者のオススメは、無印良品のクレンジング綿棒です。また“綿棒ティント”とよばれる、綿棒の中にリップがしみ込ませてあるマジックアクアティントも注目です。

 

いかがでしたか? ポーチの中にスッキリかわいく収まるアイテムを手に入れて、身軽に美しく旅行を楽しんでください!

【筆者略歴】

小笠原彩 ・・・メイクアップアーティストとしてロンドン、NY、東京とランウェイや雑誌・広告のメイクを手掛けハリウッド女優顧客も持つ。2015年に美容プロデュース・コンサルティングの会社を立ち上げ、アジア方面での貢献事業、講演、商品開発も行っている。

【関連記事】

※ 一瞬で最旬顔に!プロが教える「秋冬トレンドリップ」の取り入れ方

※ 彼も思わずドキッ!プロ直伝「大人の垢抜けメイク」を作るポイント3つ

※ プロが教える!「自然な小顔を手に入れる」メイクテクがスゴイ

※ ポッコリおなかにはコレ!内臓脂肪対策の注目成分「ラクトフェリン」とは [PR]

自分に妥協したくないなら「美しい脚をつくる」ランシューズを [PR]

【こちらもチェック!】

【人気連載】大人だからこそ知りたい“ベースメイクの教科書”

【最新特集】HANAオーガニック代表に聞く!オーガニックコスメの基礎知識