WWO-Woman Welleness Online-

マネしたい習慣!栄養士が「自宅に常備している」食材3つ

https://www.shutterstock.com

https://www.shutterstock.com

ご自宅で料理はされますか?

自分で料理をする理由はいろいろあると思いますが、“自分の健康を考えて、食べるものを選べる”というのは大きな利点ですよね。

私も普段自炊をよくしますが、健康づくりのために欠かさずに常備しているものがいくつかあります。

そこで今回は管理栄養士の筆者が、自宅に常備している食材を3つご紹介します。

前回好評をいただいた「栄養士が冷蔵庫に常備している食べもの3つ」の続編! ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

■1:とにかく美味い!醤油麹

醤油麹とは、醤油に米麹を入れて発酵させた調味料。麹菌が生きているので、大いに整腸作用が期待でき、身体の内側から美肌作りに貢献してくれます。

使い方は、醤油の代わりに使うだけ! 納豆のタレに使ったり、卵かけごはんの味付けなどに使うのがおススメですよ。

私もそうでしたが、1度使うとあまりの美味しさに醤油が減らなくなります!

市販もされているのですが、せっかくなのでここはぜひ自家製にチャレンジしましょう。といっても手順は簡単で、醤油に米麹を入れて混ぜあわせれば十日ほどでできあがり。ぜひ下記のページを見て作ってみてくださいね。

 

■2:植物性乳酸菌が毎日とれる!ぬか床

普段の食生活で意識するべきは、“発酵食品を多く摂ること”。発酵食品は健康の要である腸を整えてくれるからです。

ぬか床があると、好きな野菜を漬けてぬか漬けが楽しめるので、飽きません。

胃酸にも負けない植物性乳酸菌を取り入れることで腸も元気になり、免疫力向上、病気知らずの身体が手に入ります。

ぬか床は、ぬかと塩を混ぜて野菜を漬けておけば簡単に作ることができます。自分で作るのが気後れしてしまうという方は、いろんな場所でぬか床作りのワークショップも開かれていますので、一度調べてみると良いでしょう。

 

■3:神聖な植物は栄養価も神がかり!麻の実ナッツ

麻の種をナッツ状に砕いたものが麻の実ナッツです。麻は戦前は日本でも広く栽培され、食用だけでなく衣類や神事などにも用いられていましたが、悲しいことに戦後は日本からほぼ姿を消してしまいましたが、現在は輸入されたものが市販されているので、簡単に手に入りますよ。

麻の実には私たちの身体にとって嬉しい栄養成分が満載。綺麗を作る植物性たんぱく質に、バランスのとれた必須脂肪酸、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルに食物繊維と、まさにスーパーフード級。

麻の実ナッツはゴマの代わりに使えます。香りはアーモンドのようでクセがなく、青菜と和えても美味しいですし、ごはんにふりかけても良いです。

“ちりも積もれば山となる”のごとしで、普段の食事にひと振りするだけで栄養価がアップしますよ!

 

いかがでしたか? いろんなスーパーフードが次々に流行り、つい目移りしてしまいそうですが、実は昔から日本にある食材にも充分良いものが揃っています。

健康や美容を見つめ直すのも、まず足元から。ぜひ、日々の体づくりにご活用ください。

【参考】

自宅で手軽に!作るのも使うのも簡単「塩麹」「醤油麹」を作ってみよう – カラダヨロコブログ

【筆者略歴】

※ 圓尾和紀 ・・・ 管理栄養士。総合病院勤務を経て予防医療を志し、独立。和食素晴らしさを伝える活動と、“不自然な食べもの”にあふれた環境で、定期的に身体をリセットする目的からファスティングを取り入れた生活の提案を行う。カラダヨロコブログ

【画像】

※ Yeko Photo Studio / shutterstock

【関連記事】

太りやすくなっちゃう…栄養士は「決して夜に食べない」食べもの3つ

体のリズムを整える!栄養士推奨の「痩せる食習慣」とは

マネしたい習慣!栄養士が「冷蔵庫に常備している」健康食材3つ

※ 顔汗ダラダラは無理!一瞬で「夏の恋が冷める」女のNG特徴3つ [PR]

自分に妥協したくないなら「美しい脚をつくる」ランシューズを [PR]