WWO-Woman Welleness Online-

10年後に後悔しないために…!今からやりたい毎日の「目元ケア」

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

年齢を重ねるに伴って、目元はトラブルの宝庫。シワ・クマ・たるみなどが目立つと、見た目年齢が大きく上がってしまいます。しかし逆に考えれば、目元の印象をアップさせることで、若々しさを保つことができるパーツでもあります。

 

■目元の皮膚はとっても薄い!

目元の皮膚は“薄い”“よく動く”“皮脂が少ない”など、老化の三大要因が共存しています。目元の皮膚は非常に薄く、ほかの顔の皮膚に比べて半分以下の薄さで、ゆで卵の薄皮くらいと言われています。

それに加えて、スキンケア・メイクアップ(ファンデーション・アイカラー・アイライナー・マスカラなど)で触る機会も多い部分です。目元に触れる時には絶対に強く擦らず、優しく丁寧に触りましょう。目元は摩擦することにより、”くすみ” “色素沈着”にも繋がってしまいます。

 

■ 毎日のケアを続けることが重要

目元のケアはスペシャルなケアをたまに取り入れるよりは、毎日のケアが大切。以下に毎日の習慣にしたいケアをご紹介します。

 

(1)ポイントメイクアップリムーバー(目元口元専用リムーバー)を使う

重ね付けしたアイメイクや落ちにくいアイメイクを、クレンジングでグルグル・ゴシゴシ擦ると肌に負担をかけてしまいます。

コットンにリムーバーをたっぷり含ませ、まぶたの上にのせ、コットンをまぶたに押し付けるようにしてアイメイクを浮き上がらせ落とすのが正しい方法です。アイライナーなど目のふちを落とす時にはコットンを折り、角を使って優しく落としましょう。

メイク落としは毎日のケアなので、ポイントメイクアップリムーバーを使うか使わないかで、大きく差がつきますよ。

 

(2)目元専用の美容液やアイクリームをプラス

目元に“保湿”は欠かせません。メイク落としの後は、しっかり保湿をしましょう。目元は皮脂分泌も少なく、皮脂膜ができにくいので乾燥しやすく、外部からの影響を受けやすいです。顔の中でも一番デリケートな部分なので、専用のものを使ってケアしましょう。

※目元のケアに必要な成分を以下にご紹介します

セラミド・ヒアルロン酸→水分保持力が高く、水分蒸発を防ぎ外部からの刺激から肌を守ります。

ビタミンC誘導体→コラーゲン生成を活性化する働きがあります。また日焼けなどの炎症やダメージに効果があります。

レチノールエステル・パルミチン酸レチノール→傷んだ細胞修復や真皮の線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンをつくる働きを促進します。(シワに効果的)

 

(3)血行を良くする

きれいな目元を保つためには、血行を良くすることも大切です。目元を強くマッサージすると、”シワ” “色素沈着”の原因にもなります。そのため、ホットタオルで血行促進するのがオススメです。タオルを目の上に置くとじんわり温かくなり、リラックス効果もあり、リフレッシュにもなりますよ。

 

毎日の積み重ねで大きく差がつく目元ケア。目元を若々しく元気に保つように、今から毎日のケアにプラスしてみてくださいね。

【筆者略歴】

※ a.kumi ・・・長年美容業界で携えた知識と技術で、年齢と抗うことより心身共に美しく年を重ねる提案を発信している。

【画像】

※ stefanolunardi / shutterstock

【関連記事】

老け見えの原因!「クマ目元を整える」コンシーラーの意外な選び方

美肌のプロは絶対しない!「目元のシワがどんどん刻まれる」NGケア3つ

カサカサ目元がふっくら♡オトナ女子必見の「プロ愛用アイクリーム」3選

ラクトフェリンバナー③

サエルバナー①