WWO-Woman Welleness Online-

菜々緒級の目力に!大人のアイメイクはグレーを選んで

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

今シーズン流行のグレイッシュなメイク。グレーシャドーの魅力ってすごいんでよ! 魅せ方次第でクールにもなれれば、ちょっとスパイシーな可愛らしい目元にもできる。さまざまな演出ができる魅力的なグレイッシュなメイクを使いこなしましょう!

グレーシャドーを使うことで、目の彫りも深く見えて、大人のデカ目効果も生み出せます。まるで武井咲さんや菜々緒さんみたいなイメージですね。

そこで今回は、ニューヨーク、ロンドンと海外の流行を生み出すランウェイのバックステージでメイクをしていた筆者が、色々なグレイッシュメイクをご紹介していきます!

 

■ グレー囲みメイク

グレー囲み_①

まずは上下囲みメイク。今年はさまざまな囲み系メイクが流行っていますが、囲みメイクをする時のポイントはグラデーション。

のっぺりと一色を塗るような囲みはNGです。

パレットの明るい色を目頭や上まぶたの目頭よりに使い、抜け感を出しましょう。あえてアイライナーやマスカラをナチュラルにし、グレイッシュメイクを強調することで、メイクこなれ感を出すことができます。

 

■グレー×セクシーキャットライン

グレー囲み_②

クールなグレーにこんなセクシーなキャットラインでインパクトをつけるのもあり! 流行の赤リップにもとても合います。下まぶたはメイクせず、チークも入れないなど、他の部分でのバランスを取りましょう。

 

■グレー×うる目元 可愛い系

グレー囲み_③

こちらはグレーを上まぶたにかけて、下まぶたにはうっすらピンクで血色を出すスタイル。肌なじみの良いハイライトも目頭に加えてあげて。

グレーでも優しい目元になり、肌も血色があるように見える、ウルッとしたような可愛らしい目元が好みの方にオススメです。

 

■グレー×パープル

グレー囲み_④

グレーとカラーのミックスもとても可愛いですよ! 意外とどんなカラーにも合うグレー。下まぶたにこのようにパープルをプラスすることでおしゃれ度もアップ。服や小物にパープルを入れると、よりバランスも取れてレベルがグンと上がります。

 

■ここで注意点!

使い勝手の良さそうなグレイッシュメイク。でもグレーを使う時には、“クマをしっかりカバーしてあげること”と“発色をキレイに出してあげること”がとても大事です。

しっかりコンシーラーやハイライトで目周りを明るくし、うまく色味が出ない場合はアイシャドウ下地を加えてあげて!

ちなみに、筆者オススメの下地はこの3つ。

●MiMC ミネラルクリーミーアイベース 

保湿成分がたっぷり入ったこちらのアイベース。特に新しく出たシマーグロウは繊細なプラチナラメを練り込んだ濡れたように輝くナチュラルピンクベージュが目元のくすみを飛ばしてくれます。

●コスメデコルテ AQ ライトフォーカス

まぶたに輝きを与えながらも、ハイライトとしてもベースとしても使える人気のアイテムです。

●イプサ アイカラーリキッド 02

こちらはうっすらとサーモンピンクに発色する、アイシャドウとしてもアイシャドウベースとしても使用できるアイテム。みずみずしく目元を発色してくれます。

 

いつも同じメイクに落ち着いてしまう……という方も、トライしたことがないなんてもったいないですよ! この秋冬は美人顔をつくることができるグレーを味方にして。

【筆者略歴】

小笠原彩 ・・・メイクアップアーティストとしてロンドン、NY、東京とランウェイや雑誌・広告のメイクを手掛けハリウッド女優顧客も持つ。2015年に美容プロデュース・コンサルティングの会社を立ち上げ、アジア方面での貢献事業、講演、商品開発も行っている。

【画像】

※ Producer / shutterstock

【関連記事】

※ 検診だけじゃダメ!「乳がんリスクが高まる」3つのNG習慣

※ ちょっとした違いだけ!プロが教える「古臭くならない」アイメイクテク

※ プロが教える!失敗しない「トレンド赤囲みメイク」の取り入れ方

サエルバナー①

エクオールバナー0912

【こちらもチェック!】

【人気連載】大人だからこそ知りたい“ベースメイクの教科書”

【特集】HANAオーガニック代表に聞く!オーガニックコスメの基礎知識