WWO-Woman Welleness Online-

こっそり美人になれる!プロがやってる秋冬の美白ケアメソッド

image

「あれっ、何かキレイになった……?」と思われるコツ、それは美肌と美白の組み合わせ。色白は七難隠すと言われるほど、美人度をアップさせます。

秋冬は美白をするには最適な季節だからこそ、プロはもうすでに美白ケアを始めているんです。 

そこで今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、絶対キレイになったと思われる秋冬の美白ケアメソッドをご紹介します。

 

■美白ケアを取り入れる前に保湿の見直し

秋から冬にかけて外の空気が乾燥することでお肌がカサカサしたり、ひどい方に限っては皮がめくれることなども。さらに室内でもエアコンによるカラカラ砂漠状態でどこにいっても乾燥対策が必須となります。

しかし、美白成分には敏感肌や弱っている状態で使用すると刺激がキツく感じたり、中には乾燥しやすいものも。だからこそ必要なのはしっかり保湿すること。保湿によりバリア機能を高めておくことで刺激や乾燥を軽減しながら効果的に美白ケアができます。

 

■角質ケアはお肌が元気なときに

秋は夏に浴びた紫外線ダメージが残っていて、ターンオーバーが乱れがちに。そのせいでお肌に古い角質が分厚く覆っている状態で、ごわつきやお肌のトーンもくすんだ感じになってしまっています。

まずはターンオーバーを正常に戻すためにも、古い角質を取り除くことが大切。

でも季節の変わり目のお肌はとってもデリケート。お肌の状態があまり良くないと感じる時のピーリングなどの対策は、かえって刺激を与えて逆効果に!

今日はお肌が元気だと感じるタイミングで、角質除去としっかりめの保湿で夏ダメージをオフしていきましょう。

 

■プロは食べる美白ケアも欠かさない

プロが食べる美肌ケアを活用するのは、外側からと内側からのケアで相乗効果が期待できるから。

その季節の旬の食材は栄養素が一番効果を発揮してくれますよ。この時期食べたいのは、メラニン生成を抑えて美白効果が期待できるビタミンCを多く含むサツマイモやじゃがいも。特にさつまいものビタミンCは熱しても壊れにくいので内側からの美白ケアにはとってもオススメです。

 

いかがでしたか? 美白メソットの活用に最適なのは、効果を一番発揮しやすい秋から冬にかけての今の季節です。季節に合わせたケアを取り入れて効果的に“美肌×美白”を作り上げれば、別人になったと思われるほどに魅力がアップすること間違いナシ!

まだ早いかな~と思いがちな今から始めることが肌美人の差を作るので、ぜひ試してみてくださいね。

【筆者略歴】

杉本 由美 ・・・ 手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。アンチエイジングや、シーンに合わせた美肌メイクなどで、女性としての魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられるHappyな美肌Lifeを送る。

【画像】

※ Juta / shutterstock

【関連記事】

※ 便秘、不妊、うつ…「女性ホルモンの乱れ」が招くカラダの異常

※ プロは毎日やってる!「肌の再生力をアップさせる」洗顔法

※ ニキビ痕のない美肌に!プロも溺愛「ユースキン」の底力がスゴかった

エクオール①

チラコイドバナー②

【こちらもチェック!】

【人気連載】大人だからこそ知りたい“ベースメイクの教科書”

【特集】効果がないと思ってる?プロに聞くオーガニックコスメの基礎知識