WWO-Woman Welleness Online-

手持ちのアイテムでOK!「夜まで美人をキープする」ベースの仕込み方

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

朝から大事な打ち合わせ、お昼は会食、夕方まで外回り……ハードスケジュールな1日、メイクのお直しなんてしてるヒマが無い! でも夜には大事な人とのデートの約束があるし……30代以降の働く女性は、ちょっとの時間も惜しいもの。お直しせずとも、夜まで朝イチのメイクがキープできたらうれしいですよね。

そこで今回は、プロのヘアメイクで年間1,000人以上の女性を美しく変身させている筆者が、手持ちのアイテムで夜まで美人をキープできるベースの仕込み方をご紹介しましょう。

 

■前日の夜から下準備

夜まで美人を目指すなら、前日の夜からの肌仕込みが大切。いつもの2倍は時間をかけて、ゆっくり丁寧に保湿を重ねましょう。

寝ている間の空気の乾燥や寝具での摩擦は、意外とお肌に負担をかけてしまいます。寝る前には保湿クリームや乳液でマッサージをしてしっかりと油分でフタをし翌朝に備えましょう。

 

■当日の朝は油分NG!ローションマッサージでお肌を活性化

メイク前の保湿では、しっかりとマッサージをして血行を促し顔色をUPさせましょう。

だだし、このとき決して油分の強いもの(クリームや乳液)は使わないこと! お肌の油分が多くなりすぎると、ファンデーションのヨレにつながります。

ローションや美容液ジェルなど、水溶性タイプのものでマッサージをしながら保湿をしていきましょう。

 

■お粉は顔全体にたっぷりと

皮脂の出やすいTゾーンや小鼻などはファンデーションを薄めに、逆に目のしたの逆三角形ゾーン(チークボーンの上)には念入りにファンデーションを重ねてしっかりカバーをします。

仕上げのお粉はパフを使ってしっかりとつけましょう。このお粉が余分な皮脂を吸収してファンデーションをお肌と密着させてくれます。

「ちょっとつけすぎたかな?」くらいで大丈夫。自然に時間が経つにつれて自分の皮脂となじんでくるので、夕方から夜にかけてが一番ベースがフィットしてお肌にツヤ感が出てきます。

 

いかがでしたか? 少しの手間で翌日のメイク持ちは断然変わります。ぜひ、“お直し知らず”なベース作りの参考にしてください。

【筆者略歴】

※ 古賀真知子 ・・・ メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら、美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」。

【画像】

※ Olena Yakobchuk / shutterstock

【関連記事】

※ プロが指南!化粧崩れを招く「NGケア&メイク」と「正解テク」とは

※ 化粧もち劇的アップ…!プロが教えるメイク前の肌の整え方

※ プロが伝授!「夜まで美人をキープする」ベースメイク術♡

チラコイドバナー5

音楽教室バナー②

【こちらもチェック!】

【コスメをプレゼント】NATURAL美人が通う「表参道ビューティスポット」特集

※ 【特集】HANAオーガニック代表に聞く!オーガニックコスメの基礎知識