WWO-Woman Welleness Online-

代謝もアップ!朝3分で「背中」を鍛える簡単ストレッチ

https://www.shutterstock.com

https://www.shutterstock.com

美しい女性の共通点は、姿勢がよく、立ち振る舞いも凛として安定して見えること。そんな女性なら目を奪われますよね。そんな風に姿勢をよくするための秘訣は、背筋を鍛え、自分から見えない後ろ姿も意識して生活すること。

そこで今回はヨガインストラクターである著者が、背中を鍛えることによって得られる効果と、背中を鍛えるストレッチをご紹介します。

 

■背中を鍛えることによって得られる効果

(1)無理なく美しい姿勢をキープできる

正しい姿勢を保てることは、著者がいつもお伝えしている健康美の必須条件です。姿勢は体の後ろ側の筋肉を使って“支え”、“保ち”、“重力に逆らって”いるので、背中の筋力が萎えると姿勢を正しく保ちにくくなるのです。

正しい姿勢を保つことができるようになれば、腹筋や背筋など女性の気になるポイントを、立っているだけで刺激することができます。

 

(2)背筋が目覚めるとデコルテやバストが美しくなる

背筋が鍛えられ、美しい姿勢が保てるようになるとバストトップが上がります。猫背の姿勢をイメージしてみてください。背中が丸まると必然的に胸が萎んでしまい、胸を支えいる筋肉も弱ってしまい、垂れバストまっしぐら。

背筋を使って背中を真っ直ぐに支えることができれば、呼吸もしやすくなり、全身の血液循環もよくなります。

 

(3)肩こりが軽減する

猫背の姿勢でいると、頭の位置が前下がりになります。5キロほどある頭の重みを肩と背中で常に支えている状態では肩こりも慢性化し、全身の不調へと繋がってしまうことも。

背筋を鍛えることによって背中が伸びれば、連動して頭の位置も引きあがり、上半身の上に自然と頭を乗せることができます。頭の位置が整うと、肩や背中の負担が大幅に軽減され肩こりも改善していきます。

 

■背筋と体の背面全体を整える“弓のポーズ”

猫背を改善し、背中を美しくするヨガポーズを紹介します。

(1)うつ伏せになり、両膝を下に向けます。そうすることによって自然とお尻に力が入り、背面の筋肉を意識しやすくなります。

(2)上半身を起こしたら左腕で体を支えます。

(3)右膝を曲げ、右手で足先を掴みます。

(4)息を吸うタイミングで、背中の力を意識して上半身を上方へ伸ばし、右足を引き上げていきます。

(5)右足を後方へ引っ張りながら引き上げ、右の肩を伸ばすように意識しましょう。

(6)この状態で5呼吸ほどキープします。

(7)息を吐くタイミングで足を下ろし、上半身を楽にしましょう。

(8)反対側も同様に行います。

 

普段の日常でも、頭を引き上げお腹の奥を真っ直ぐ上に伸ばす意識をするだけで、背筋を鍛えることができます。美しさは日常の意識から!ぜひ試してみてくださいね。

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ fizkes / Shutterstock

【関連記事】

気になる「お腹・背中」の引き締めに!寝る前1分ストレッチ

後ろ姿美人の秘訣!「背中痩せ」の簡単ポーズ

1分の習慣で全身シェイプ!「お腹・背中・お尻」を引き締めるポーズ

音楽教室バナー②

チラコイドバナー④