専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > プロが指南!お風呂上りのような「自然なツヤ肌をつくる」メイク術

プロが指南!お風呂上りのような「自然なツヤ肌をつくる」メイク術

素肌のようなツヤ感を出したいのに、どうしてもマットな仕上がりになってしまう……という方も多いのでは?

ツヤを出すためにリキッドファンデーションのみでお粉を置かない、というやり方は実は間違い。もちろんファンデーションは油なので塗った瞬間はツヤが出ますが、時間とともにすぐに剥げ落ちてただの“おさぼりスッピン肌”状態に。

そこで今回は、プロのヘアメイクで年間1,000人以上の女性を美しく変身させている筆者が、“ツヤ肌をつくるメイク術”をご紹介します。 

 

■まずは下地に薄いピンクで血色をプラス

色々なカラーの下地がありますが、ここでは薄いピンクをチョイス。お顔全体に塗ることでくすみを飛ばしてくれると共に、自然な血色がプラスされます。

 

■コンシーラーで部分的にカバー

いくら素肌っぽさを出したくでも、クマやシミが目立っていては台無しですよね。

細いブラシで丁寧に気になる箇所にだけコンシーラーを使い肌色を補正していきましょう。

 

■下地の2色使い「パールホワイト」を重ねる

パール感の強い白めの下地を更にハイライトゾーンに重ねます。眉山からアゴ先にかけての逆三角形の内側に、指でポンポンと置くように重ねていきましょう。

この時、決して毛穴に押し込まないこと。塗りこんでしまうと、逆にお肌のキメの粗さが目立ってしまいます。優しく肌の上にのせるように置くことがポイントです。

 

■お粉はパフにたっぷり取って薄くのせる

お粉は薄付きが好きだから……とブラシでのせてしまうと、ブラシの“すじ”が肌ムラを作る原因に。

正解は、パフにお粉をたっぷりと取り、軽くお肌に触れる程度で全体に置き、表面の余分なお粉はフェイスブラシではたき落としましょう。

 

■仕上げにワセリンをプラスオン

お粉まで仕上げた状態のお肌の上に、ツヤを出したい箇所に薄くワセリンを伸ばします。

さらさらのオイルじゃないことがポイント。ワセリン特有の固めのテクスチャーだからこそ、長時間表面に自然なツヤを出してくれるのです。

 

いかがでしたか? ツヤ肌を作るためには、お肌の仕上げ前後にツヤを仕込むことがポイント。ワセリンの新しい使い方として、明日からのメイクにぜひ活用してみてください。

【筆者略歴】

※ 古賀真知子 ・・・ メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら、美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」。

【関連記事】

※ 手持ちのアイテムでOK!ツヤっと輝く「水光肌」の簡単すぎる作り方

※ 森絵梨佳級の柔ツヤ肌に!サギ素肌をキープするメーク直しテク

※ 1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a12

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a02

【おすすめ記事(PR)】

ダレノガレや後藤真希も絶賛! 本気で痩せたい人の「チラコイド」

古賀真知子
ヘアメイクアーティスト/美容家
メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる