専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > もうキレそう…!ついカッとなってしまったときに秒速でストレスを抑える方法

もうキレそう…!ついカッとなってしまったときに秒速でストレスを抑える方法

http://www.shutterstock.com/

ここ最近寒暖の差が激しいので、体調を崩している人も少なくないのでは? なかにはメンタルにダメージを受けて、いわゆる”うつ状態”になってしまっている人も。なんでもないことなのにイライラしてしまう……なんてこともあるかもしれませんね。

そこで今回は、鍼灸師である筆者が、イライラしたときに押したいツボをご紹介します。ストレスが溜まってきたら、好きな音楽を聴きながら、もしくはお風呂でゆっくり温まりながら、無理のない程度に続けてみてくださいね。

 

■理由もなくイライラするときは神門(しんもん)

sinmon

神門は落ち着かない心を静めてくれる優秀なツボです。不安なことがあったり思い悩むことがあるときは、ここをゆっくり押しましょう。

 

■ついカッとなってしまいそうなときは肝経のツボを

●親指先から大敦、行間、太衝

kankei

東洋医学では肝が傷つくと怒ったりイライラすると考えられます。肝経のツボを刺激するとイライラを抑えられたり、胸のつかえがとれたりするなどリラックス効果が期待できるといわれているので、カッとなったら押してみて。

 

■不眠には百会(ひゃくえ)・失眠(しつみん)

●百会

hyakue

●失眠

shitsumin

極度のストレスや疲労を抱えると、眠りが浅くなって熟睡できないことがあげられます。こんな時には失眠が有効です。ぜひ試してみてください。

 

■温めてストレス緩和

●だん中、期門

danchyu

●中封

chyufu

ストレスの緩和には、みぞおち上のだん中、期門そして中封をおすすめします。ここは温めることで効果を発揮するといわれています。

 

いかがでしたか? 体が疲れてくると、心も疲れてきます。心が風邪をひいてどうしようもなくなってきたら、穏やかにするツボ押しをしてみてください。優しく押すのがポイントですよ。

【筆者略歴】

小西みわ・・・ 鍼灸師、よもぎ蒸しダイエットアドバイザー。女性専門サロン『美和鍼灸治療院』代表。東洋医学と美容を融合させた全身美容鍼灸が得意で、オーダーメイド施術を行う。せんねん灸セルフケアサポーター。ブログも好評。

【画像】

※ Billion Photos / Shutterstock

【関連記事】

※ 便秘、不妊、うつ…「女性ホルモンの乱れ」が招くカラダの異常

※ ボーダーはどこ?うつになりやすい人とならない人の違いとは

※ 1つでも当てはまったら要注意!「うつになりやすい人」の思考グセ

鍼灸師。10代の頃より美容とダイエットに興味を持ち、「美しく健康的な心とからだ」をモットーに現在は完全予約制で一人一人に向き合ったオーダーメイド施術を行う。せんねん灸セルフケアサポーター。趣味は一人旅。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる