専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > プロはラベルのここを見る!「ぷる肌」をつくるスキンケアの選び方

プロはラベルのここを見る!「ぷる肌」をつくるスキンケアの選び方

この季節、乾燥が気になる人も多いですよね。あなたは今のお肌に合ったケアができていますか?

乾燥すると敏感肌になり、肌トラブルを起こしやすい状態になってしまいます。普段から使っているスキンケアでもヒリヒリしたり、高い美容効果が期待できる成分をお肌が敏感な状態で使うと、かえって刺激や乾燥を悪化させてしまうことも……。乾燥していたりお肌が弱っているときはなるべく刺激のないスキンケアを意識することが大切です。

だけど低刺激の成分って一体どんなものでしょうか。今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、“低刺激なのに乾燥ケアができる、プロおススメの成分”をご紹介します!

 

■おススメ成分1:保水力アップでハリ感もでる「セラミド」

もともとお肌の角質層にある成分で、角質層にあるセラミドはスポンジのように水分を含ませ抱え込む働きをしています。

セラミドが減少することでお肌の水分量が低下し、乾燥を促進してしまうことに。セラミドがおススメなのはお肌に備わっている成分なので低刺激なうえ、肌トラブルを起こしにくいところ。セラミドの特徴である保水力アップで、バリア機能を高める効果が期待できますよ。

 

■おススメ成分2:抗酸化作用もある「シアバター」

新生児にでも使用する国があるほどの低刺激な成分です。シアバターは紫外線や乾燥からお肌を守ることができ、さらに抗酸化作用もある、何とも魅力的な保湿成分。

主にクリームなどに配合されており、乾燥が気になるときはもちろん、敏感肌やアトピーの方でも安心して使用することができます。

 

■おススメ成分3:抜群の高い効果が期待できる「フラーレン」

これは皮膚科のドクターも効果を推奨している万能美容成分です。実は筆者もこの成分に魅了されています。フラーレンはビタミンCの172倍といった優れた抗酸化力と角質水分量をアップする効果があります。またプラセンタの800倍もお肌のコラーゲン生成を促進する働きもあるんです。

フラーレンも敏感肌やアトピー肌の方でも使用できる安全性も極めて高い成分です。

 

いかがでしたか? せっかくコスメを使うなら、低刺激でも美容効果だって実感したい!というのが本音ですよね。だからこそ今回は低刺激でも美容効果も期待できる成分をご紹介させていただきました。

ただ、美白効果があるものやエイジング効果の期待できる成分には、美容効果は高くてもお肌が敏感なときに使用すると肌トラブルをおこしてしまう成分があるのが現実。

お肌の調子がよいときに使用するなどして、肌トラブルからお肌を守りながら、美肌を作っていくようにしましょう。ぜひスキンケア選びの参考にしてみてくださいね。

【筆者略歴】

杉本 由美 ・・・ 手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。アンチエイジングや、シーンに合わせた美肌メイクなどで、女性としての魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられるHappyな美肌Lifeを送る。

【関連記事】

おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

大人のときどき乾燥肌に「ノンケミカル」な日焼け止めが良い理由

 

杉本由美
美肌研究家/コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる