専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > 肩甲骨はがしで肩肉すっきり!ほっそり首筋を作る3分ストレッチ

肩甲骨はがしで肩肉すっきり!ほっそり首筋を作る3分ストレッチ

女性らしいパーツはどこ? そう聞かれて思い浮かべる部分はどこでしょう?

いろいろな場所が思い浮かびますが、人の目につきやすい場所で、誰でも女性らしさを簡単に出せる場所。それは“うなじ”です。

女性のか弱さ、色気、品の良さのすべてを表せる女性ならではのパーツを美しく引き立たせていきましょう。

今回はヨガインストラクターである筆者が、美しい首回りを作る方法をお伝えします。

 

■首まわりのリンパスッキリ!うなじを美しくするストレッチ

女性の体のラインは柔らかくありたいもの。意志の強さは目で、守りたくなるような女性らしいか弱さは首回りで表現したいですね。

しかし腕まわりや肩周りは、意識して動かさないとコリや脂肪が溜まってしまうのです。

(1)両腕を後ろで組みます。

(2)ひじを伸ばして肩と肩甲骨を意識的に下方へ下げ、肩甲骨同士を寄せましょう。

img_0259

(3)息を吐きながら頭を右方向へ倒していきます。同時に左肩を意識的に下げ、左の首筋を伸ばしていきます。

(4)10呼吸キープし、ゆっくり元に戻します。

img_0260

(5)反対側も同じように行いましょう。

余裕があれば首筋を伸ばしているときに、ゆっくり丁寧に頭を斜め前から斜め後ろへと、行ったりきたりさせながらほぐしていきます。

 

■肩甲骨はがしで肩肉スッキリ!

肩がゴリゴリに凝っている人にはきついストレッチです。しかし、肩をしっかりほぐすことができるこの“肩甲骨はがし”は、美しいうなじから背中のラインを作ってくれます。

(1)両腕を後ろで組みます。肩と肩甲骨を意識的に下げておきましょう。(先ほどのストレッチと同じです)。

(2)息を吸いながら両腕を上げられるところまで引き上げていきます。

img_0261

(3)両腕を引き寄せたままひじを曲げていきます。そのとき、ひじが外へ開いていかないように意識して、両腕は引き寄せ続けましょう。

img_0262

(4)息を吸いながらひじを伸ばし、息を吐きながら再びひじを曲げる動きを10回ほど続けます。

 

■効いているかどうかのポイントは腕の位置

ひじを曲げたときに、ひじが胴体より外側に開いてしまうと肩甲骨に何の刺激も与えられません。ひじの曲げ伸ばしが簡単にできてしまうのはNGです。

なるべく背中で肘同士を引き寄せるようにしながら、曲げ伸ばしをしてみてください。肩甲骨が引き剥がされるような感覚で動いていればOKです。

 

いかがでしたか? デスクワークで疲れた時にも効果的なこのストレッチです。いつでも、座ったままでも出来るので、日頃のケアに取り入れてみてくださいね。

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ Production Perig / Shutterstock

【関連記事】

代謝もUPして肩こりも軽減!プロが教える「肩甲骨はがし」

肩甲骨をほぐして鍛える!プロ直伝「うしろ姿美人」になるストレッチ

ガチガチ肩甲骨にキく~!たった3分の「極上ほぐれストレッチ」

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ 1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる