専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > 疲れた顔を一瞬でOFF!アフター5のモテメイク

疲れた顔を一瞬でOFF!アフター5のモテメイク

https://www.shutterstock.com/

がんばって仕事をした1日の終わりに自分の顔を見て、ゾッとしたことがある人はいませんか?

そんな日に限ってデートの約束が……時間があるなら、1回メイクオフして最初から作り直したいところですが、時間もなくそうもいかない。でも、素敵に見られたい。

そこで今回はヘアメイクアップアーティストの筆者が、待ち合わせまでの短時間で、リペア&クラスアップするデート用メイクテクをお伝えします!

要点さえ押さえれば、仕事疲れを感じさせない“愛されメイク”に仕上がりますよ。

 

■待ち合わせ前の3分で仕込む!

(1)うるおいを仕込む

オフィスのエアコンによる乾燥と、終日動かした表情筋のおかげで、目の周りやほうれい線付近にはたくさんの小ジワが。カバーするために“後から保湿”は欠かせません。

用意するものは、スプレー式化粧水ときれいなファンデーション用スポンジ。顔全体に化粧水をスプレーして、一度ティッシュオフ。

肌表面に残ったいらないファンデーションと粉っぽさをオフします。その後、再び顔全体に化粧水をスプレーして、保湿成分をスポンジで叩き込みます。

乾燥小ジワと老けて見える乾燥によるマット肌を改善しましょう。

さらにツヤ感が欲しい場合は、スポンジ自体を化粧水で濡らして軽く絞って叩くのがおすすめ。

仕上げのフェイスパウダーは、持ち運びにも便利なプレストタイプをファンデーションブラシで乗せましょう。カラーは控えめなピンクゴールド系のラメ感を帯びたものを選んで。

時間が経つにつれて出てくる影を自然と飛ばして、柔らかな女性らしい肌に見せてくれますよ。

(2)くすみを消し去り、明るさを仕込む

うるおいを仕込んだら、さらに輝かせます。朝メイクのままだと、1日過ごしていくうちに目の周りはくすみ、細かい影が顔全体を暗く、表情をきつく見せてしまいます。目の周りのくすみも消したいし、明るさや華やかさも足したい。それを時短で叶えてくれるのは“アイボリー系のクリームアイシャドウ”。クレヨンやペンシルの形のものであれば、手も汚れずさらに時短に。

のせる場所は5点。鼻骨のくぼみ(鼻の付け根)・上まぶた中央・下まぶた中央・ほうれい線・上唇の輪郭中央、この3点に明るい光をプラス。肌なじみの良いアイボリー系のクリームアイシャドウは、色付きの良さもあるので、アイシャドウ効果に加えてコンシーラー効果も1度で叶えてくれる万能アイテム。くすみや影もすっきり消してくれるので、1本ポーチに入れておくといざという時頼れるアイテムです。

ここまでで1日のお疲れメイクをリペア完了。

(3)色を仕込む

最後に華やかさを仕込みます。デートメイクに欠かせない、女らしさと華やかさ。仕事中から同じメイクをしてしまうのはNGですよね。

女らしさを出しやすいチークやリップは重ねるほど厚くなり、老けた印象に見せてしまうので、朝からの仕込みがとても大切。落ちにくいものを朝メイクの段階で付けておくのが大前提です。

チークは、朝ファンデーションをのせた後にクリームチーク。フェイスパウダーをのせたら、さらにクリームチークでサンドイッチ。これで夜まで続く血色チークに仕上がります。

ランチが済んだら、ティント系リップを塗っておけば、デート前はグロスで整えるだけでOK。すぐに待ち合わせに向かえますよ!

 

いかがでしたか?

3ステップ3分。時短メイクはアイテム選びが重要です。仕事終わりでもデートを楽しめるデートメイク、取り入れてみてくださいね。

【筆者略歴】

※ 川上絵理 ・・・ ヘアメイクとしてブライダル・TV の現場で活動する傍ら、メイクカラーカウンセラーとして色彩心理学×メイク アップで“より自分らしく、なりたい自分になる”方法をアドバイスをしている。

【画像】

※ alvibone / shutterstock

【関連記事】

※ 普段メイクを格上げ!プロが「手放せない」神コスメ3つ

※ 「この子ないわ…」男が一目見て敬遠する非モテ系ポイントメイク3選

※ 医師に聞く!働き女性が知るべき「仕事と治療の両立」の現実

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ 1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

川上絵理
ヘアメイク/メイクカラーカウンセラー
ヘアメイクとしてブライダル・TV撮影の現場で活動、専門学校講師も務める。また、メイクカラーカウンセラーとして色彩心理学×メイクアップで“より自分らしく、なりたい自分になる方法”をアドバイスしている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる